防水カメラ『ザクティ』をうどんに入れてみた

access_time create folderガジェ通

防水ムービーカメラとしていま一番人気の機種といえば『ザクティ』シリーズだ。ムービーも静止画も撮影できるだけでなく、防水仕様の『ザクティ』を使用すれば、海でも川でも潜って撮影が可能。アクティブに撮影したい人たちに人気を博している。

ということで、どこまで防水として耐えられるか、当編集部がいくつかためしてみることにした。まずは、どんな液体でも耐えられるか調べるため、うどんに入れてみた。スープの温度は28~30度ほどで、具として生卵ときざみねぎを入れてみた。

動画を撮影しながら浸水させ、そのままスタッフが食べ終わるまで撮影を続ける。その結果、『ザクティ』はまったく壊れることなく、最初から最後まで撮影することができた。しかも、ズルズルとスタッフがうどんをすする音も忠実に収録。これぞ、アクティブに使用したい人たちの強い味方といえよう。

このときの様子を撮影した動画は、後日掲載するので楽しみにしていてほしい。

access_time create folderガジェ通
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧