ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • トニー・スタークの家でくつろぐヒーロー達! 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』新場面写真解禁
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/3/3号:究極の選択を迫られるスリラー『聖なる鹿殺し』
  • 良かれと思って遺伝子組換え→裏目に出た! ツインピークスのコンビも共演する人喰い熊ホラー『アンナチュラル』[ホラー通信]
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督、マーベルの映画『Black Panther(原題)』の監督に決定
  • 稲川淳二が遭遇した本当の恐怖……封印された映像に映っていたのは?『劇場版 稲川怪談 かたりべ』[ホラー通信]
  • 【神サービス確定】『シビル・ウォー』を含むマーベル映画11作品が『Hulu』で配信決定!
  • 天使ならぬ“妖精”! 嵐・二宮「フェアリー・かずなりに改名します」名付けたのは吉永小百合
  • 『パラノーマル』シリーズを支える謎の人物チャコン氏に直撃「実際超常現象ってあるんですか!?」
  • 110年の歴史を持つ「映画」に強いエンターテイメントビジネスサイトの日本語版『Variety Japan』オープン予告(ガジェ通日誌 深水英一郎)
  • タランティーノ初の密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』クセ者達がずらり!
  • パックマン開発者の岩谷徹教授が『ピクセル』に出演? 「80年代のゲームファンにとっては涙が出るような作品」
  • 【映画レビュー】V6・森田剛主演『ヒメアノ〜ル』は「ファンからしても予想以上」
  • 『モアナと伝説の海』監督が感銘をうけたタヒチの長老の言葉「今度はあなたたちが私たちの文化に飲み込まれてみませんか?」
  • 男性キャラクターの色気に萌えつくす! 映画『ヘルタースケルター』の女子的楽しみ方
  • ハリウッドは『スター・ウォーズ』を愛したが、ジョージ・ルーカス監督はハリウッドを愛さなかった
  • 第40回日本アカデミー賞:受賞結果一覧 最優秀作品賞は「シン・ゴジラ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見ているだけでも涼感たっぷり癒し系アプリ『桜金魚すくい』

桜金魚すくい


夏祭りの定番といえば金魚すくい。暑い夏に冷たい水の中を泳ぐ金魚は、見ているだけでも涼しげです。ギガ連射は、この金魚すくいを『iPhone/iPod touch』で楽しめる癒し系人気ゲーム『桜金魚すくい』をアップデート。金魚や背景になびく水草の種類を追加してリリースしました。

『桜金魚すくい』は、日本のお祭りでは定番の金魚すくいに、桜をテーマにした演出をプラスした癒し系アプリです。水面を優雅に泳ぐ金魚たちの背景には幻想的な桜吹雪。ゆっくり画面を眺めているだけでも涼しさを感じられます。金魚すくいをするときは、画面上の“ポイ”を指先で動かして金魚をとらえ、本体を傾けてお椀に入れます。揺れる水面を泳いでいく金魚の姿はとてもリアルで、水の音も心地よく耳に響きます。

桜金魚すくい

ゲームモードは、『ノーマルモード』と『大会モード』の2種類があります。『ノーマルモード』は、時間制限なく3枚のポイを使ってまったりと金魚すくいを楽しめる初級者向け。『大会モード』では、3分間の時間制限があり、使えるポイは1枚のみで、時間切れになるかポイが破れたらゲームオーバーです。このほか、ただのんびりと金魚を眺める『観賞モード』もあり、水面をなぞると波紋が広がるビジュアルなどは、まったりしたいときに眺めていたくなります。

今回のアップデートでは、金魚の種類に土佐金、桜土佐金、キャリコ系金魚5種類を追加。ゲーム時には、合計15種類の金魚から2種類を選択できます。水草の種類も追加。背景のバリエーションも豊かになり、動作クオリティを向上させました。価格は230円(税込み)。金魚すくい一回分の値段で何度でも楽しめる、金魚すくい好きにはたまらないアプリです。
 
 

■関連記事
アニメ映画『サマーウォーズ』の花札ゲーム『サマーウォーズ花札KOIKOI』がiPhoneアプリでも登場!
バーコードから可愛い女の子が!? iPhoneアプリ『バーコードカノジョ』が登場
恐竜画の大家が描く!『iPhone/iPod touch』向け本格恐竜図鑑アプリ『世界の恐竜図鑑』
日本初! 処方薬&市販薬の効果や副作用を検索できる『iPhone/iPad』アプリが登場
野口聡一さんが宇宙から撮影した写真が『iPhone/iPad』向け電子写真集になった!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。