ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

日本初! 処方薬&市販薬の効果や副作用を検索できる『iPhone/iPad』アプリが登場

総合お薬検索


キューライフは、国内初となる処方薬&市販薬検索アプリ『総合お薬検索』を『iPhone/iPod touch/iPad』向けに開発、『App Store』で無料提供を開始しました。本アプリは、公開後わずか1週間で10万ダウンロードを記録した『病院検索アプリ』の第2弾になります。

『総合お薬検索』は、医師が処方する処方薬と薬局で買う市販薬の両方について、その効果や副作用、保管方法などを写真付きで検索できるアプリ。もらったお薬について知りたいことがあるとき、常用している薬に不安があるときに手軽に検索して調べることができます。

薬のデータは「商品名」「疾患名」「効能効果(作用)」「製薬会社名」から検索可能。処方薬は、一般名(主成分)やアルファベット名称、薬剤色やパッケージ(容器やキャップ)色、錠剤に刻印されている記号からでも探せます。自分が調べた薬の履歴を残しておいて確認できる閲覧履歴機能も搭載しています。

業界団体提供による掲載データは信頼性が高く、また日々追加・更新される最新のもの。処方薬の9割、市販薬の7割の写真は製薬会社提供の正式かつ最新のデータを使用しています。薬価表示は、錠剤なら「1錠あたり」、散剤なら「1gあたり」、湿布剤なら「1枚あたり」と、薬の形態に合わせて単位付きでわかりやすいのも特徴です。

総合お薬検索

また、家族がよく使う薬などを登録できる『お薬手帳』を搭載。薬ごとに「いつどんな病気で処方されたか」「気になる症状や薬の効果」をメモしておき、履歴として保存していくこともできます。薬に関する感想や質問を『Twitter』に投稿し、ツイート内容を薬ごとに見ることも可能です。『Twitter』を通して、他の人の症状と薬の効果などを教えてもらったりできるかもしれませんね。

情報が膨大で、迅速なアップデートが必要とされるデータは、書籍化するとページ数が多くなりすぎるうえに掲載内容がどんどん古びてしまいます。こういった分野は、最も早く電子書籍化が進みそうです。
 
 

■関連記事
アニメ映画『サマーウォーズ』の花札ゲーム『サマーウォーズ花札KOIKOI』がiPhoneアプリでも登場!
野口聡一さんが宇宙から撮影した写真が『iPhone/iPad』向け電子写真集になった!
高田純次の『適当日記』がiPhoneアプリで大人気! 「夢の中でのオレは、いつもモテてるんだ」
世界初!『仮面ライダー』公式『iPhone/iPod touch』アプリ『仮面ライダー1号変身ベルト』登場
チラシも大画面で! 電子チラシサイト『Shufoo!』が『iPad』向け無料アプリになって登場

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき