ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

auがAndroidスマートフォン『IS01』向けに『Androidマーケット』の『auタブ』を提供開始

auが『Androidマーケット』に『auタブ』を提供開始

KDDIは、auのAndroidスマートフォン『IS01』向けに、アプリマーケット『Androidマーケット』上で『auタブ』を8月13日から提供開始したと発表しました。auがオススメするアプリを紹介するもので、国内の通信業者では初めてのケースとなります。

『IS01』で『Androidマーケット』アプリを起動すると、「アプリケーション」「ゲーム」のほかに「au」と記載されたタブを表示。『au one Market』や『au one ナビウォーク』『セカイカメラ for Android(au)』など、au独自に展開するAndroidアプリを紹介します。

現在対応する『IS01』のほか、この秋に発売予定のAndroidスマートフォン第2弾でも対応を予定しています。プレスリリースによると、通信事業者は『Androidマーケット』トップページに独自のタブを設定可能だとのこと。国内の通信事業者では初の事例となります。auのAndroidスマートフォンへの“本気度”がうかがえる取り組みとして、注目できるのではないでしょうか。KDDIは、8月下旬に『EZweb』コンテンツと同様にアプリケーションを購入できる『auかんたん決済』のサービスを開始予定。今回の『Androidマーケット』に提供される『auタブ』と、キャリアによる決済機能がどのように結びつくのかにも注目できます。

一方、NTTドコモはAndroidスマートフォン向けに『ドコモマーケット』を提供していますが、現状は『Androidマーケット』へ誘導するアプリ紹介サイトとして情報を提供しているもの。9月に提供を予定しているスマートフォン向けISP『spモード』で、携帯電話料金と一緒に支払い可能なコンテンツ決済サービスの提供を予定していることから、『spモード』開始時に独自のアプリマーケットを開設するものと見られます。

■関連記事
ちゃんと電話だった!auの新スマートフォン『IS01』製品レビュー
『IS01』の兄弟機? ドコモのスマートフォン『LYNX SH-10B』はどこが違うのか
ソフトの拡張性がヒットのカギ? Android搭載のユニークなノートPC『dynabook AZ』製品レビュー
auのAndroidスマートフォン『IS01』は“2台目”専用機なのか?
ドコモのスマートフォン向けISP『spモード』の詳細が明らかに

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき