ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ひと先試食】ラーメンの味がおにぎり…だと……? 『麺や庄の』がミニストップとコラボ商品を開発/再現度高いぞ

IMG_8586s

11月25日(火)、庄野智治さんの監修で、ミニストップとのコラボ製品が発売されるという。庄野さんは知る人ぞ知る人気ラーメン店『麺や庄の』『二丁目つけ麺GACHI』などを展開する“ラーメンクリエイター”だ。

発売目前に、一足先に試食させてもらうチャンスに恵まれたガジェット通信は、市ヶ谷『麺や庄の』に向かった。
※全ての写真を表示するにはこちら

IMG_8455s

今回のコラボメニューは、庄野さんの手がけた“人気メニュー”そのものや、インスピレーションを元に作成されたもの。実際の店舗で出されている商品と比較しながら紹介したい。

IMG_8567s

『麺や庄の監修 柚子薫る! 濃厚豚骨魚介つけ麺 あつもり』(498円・税込)

こちらは、『麺や庄の』で扱っているつけ麺の完全再現に挑んだ商品。今回のコラボ商品開発には4か月以上を要したという力作。

IMG_8440s IMG_8441s

『麺や庄の』で実際に提供されている製品は、2日間かけてじっくり煮込んだ豚骨スープにたっぷりの魚介ダシを加えたもの。箸が立つのではないかというほどの濃厚さに秘められた凝縮された旨味が特徴。

IMG_8590s

このメニューの再現にあたり、コラボ商品開発で苦労したのは「麺の食感と風味の再現」なのだそうだ。
温める前のスープを見ると、背脂、煮干し魚粉、柚子皮が別で添付されているのがわかる。こうすることで、それぞれの旨味・風味が魚介と動物の味のスープに負けないようになっているのだ。

IMG_8578s IMG_8583s

実際に食べくらべてみると……濃厚なコク、そして秘められた柚子の加減がかなり近い!努力の跡がうかがえる再現度だ。店舗では自家製麺のモチモチとした麺が特徴だが、コラボ商品もなかなかの弾力。温める前に上に乗っているゼラチン質は、麺がほぐれやすくするための「ほぐし水」である。つけ汁について言えば、店舗のドロリとしたスープの濃さよりも少しサラサラだが、魚介と豚骨の味わいや背脂の旨味は同様に感じられる。

IMG_8604s IMG_8609s IMG_8613s IMG_8617s IMG_8585s

『辛旨鰹節焼おにぎり』(140円・税込)

IMG_8445s

こちらはラーメンではなく、『焼おにぎり』。しかし、モデルとなっているのは『旨辛和え麺』の味わい。
『旨辛和え麺』は、鰹節と一味唐辛子の味わいを中心とした混ぜそば。『麺や庄の』の代表メニューであり、まかない人気もNo.1だという。

IMG_8625s

この『旨辛和え麺』をモデルとした『辛旨鰹節焼おにぎり』はスープ味のごはんにチャーシューを混ぜ、鰹節と一味唐辛子をトッピングして焼き上げている。「ラーメンとおにぎりでは別物なのでは……」と思いながら実際に食べくらべ。すると……この再現度は驚くほど高い!

IMG_8629s
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき