Android 5.0(LPX13Dビルド)を搭載したNexus 5とNexus 7をroot化する方法

access_time create folderデジタル・IT

10 月 17 日に Android 5.0 (Lollipop)の Nexus 5 / Nexus 7 用プレビュー版(LPX13D ビルド)がリリースされ、カスタム派の方は既に root 化を試みようとする方もおられる中、SuperSU をリカバリモードから導入する従来の方法で root 化しても、うまく  root アプリが利用できない不具合が発生しています。しかし、SuperSU の提供元である ChainFire 氏がその問題を修正するブートイメージを公開してくれました。この記事ではChainFire氏のブートイメージを利用したroot化方法を紹介します。Android 5.0 のリリース版でどうなるのかわからないで、この記事で紹介する root 化方法は LPX13D ビルド限定としておきます。root 化の大まかな流れは、カスタムリカバリ「TWRP」をインストールし、リカバリモードで SuperSU を導入し、最後に ChainFire 氏のブートイメージを導入します。ブートイメージにはカーネルや起動時に必要になる RAM ディスクが含まれていますが、カーネル自体は公式版と同じです。STEP1:SuperSU.zip と ChainFire 氏のブートイメージをダウンロード。SuperSU.zip を端末にコピーします。SuperSU.zipUPDATE-SuperSU-v2.14.zipブートイメージNexus 5用:nexus5-hammerhead-lpx13d-kernel.zipNexus 7用:nexus7-razor-lpx13d-kernel.zipSTEP2:端末をリカバリモードで再起動します。STEP3:SuperSU.zipをインストールします。STEP4:リカバリモードでブートローダーに戻る操作を実行します。STEP5:端末と PC を USB ケーブルで接続し、PC 上で解凍したブートイメージのzipファイルに含まれる「boot,img」を Fastboot コマンドで端末に書き込みます。STEP6:端末を再起動すれば完了です。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
Gear Live用の充電ホルダーが米国のGoogle Playストアで発売
MicromaxのCyanogenModスマートフォンは「Canvas 5」、MT67XXプロセッサを搭載したハイパフォーマンス機種
Android 5.0(Lollipop)の機能紹介 : Wi-Fiでインターネットにアクセスできない場合はモバイルデータ通信に自動的に切り替える機能が追加

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧