中国・ディズニーのパクリ遊園地! 今度は日本のアニメをモロパクリ

access_time create folderガジェ通

無許可でディズニーに登場するキャラクターを模したとして、ディズニーより警告を受けていた中国のテーマパーク・石景山遊楽園(せっけいざんゆうらくえん)が、今度は日本のアニメーションをパクっていることが、当『未来検索ガジェット通信』の取材により判明した。

今度のパクリ数は尋常ではない。『幽遊白書』『もののけ姫』『新世紀エヴァンゲリオン』『ウテナ』『サクラ大戦』など、そのほか多数のアニメーションのキャラクターがパクられているのだ。

ディズニーから警告を受けた際は、すぐにハンマーや重機などでキャラクターたちを破壊するなどして対処したが、もし日本のアニメーション会社から警告がきた場合、どのように対処するのだろうか?


普通画質の『YouTube』で観たい
高画質の『YouTube』で観たい
最高画質の『eyeVio』で観たい

ちなみに、ディズニーのキャラクターは、『不思議の国のアリス』に登場するイモムシ以外、園内に見当たらなかった(廃棄寸前の白雪姫の看板は放置されていたが……)。

ディズニーの一件で、軽率なパクリに対して反省してほしかったのだが……。オーナーの著作権に対する意識が薄いのかもしれない。石景山遊楽園に行きたい人は、北京駅から地下鉄で30~40分ほどで行くことができる(八角遊楽園駅で下車)。

access_time create folderガジェ通
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧