ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】みんなの力でモノを作るショッピングサイト「the SHOWCASE」に密着

theshowcase_1

クラウドファンディングの登場によって、新たな事業を立ち上げる動きが活発な昨今。起業家のみならず、ユーザーや既存メーカーにも新しい製品をリリースするにあたって、これまでにない可能性が広がってきている。

ユーザーは、自分が気に入った製品をプロダクト化することで、プチ・プロデュース感を味わえるし、メーカー側は、受注した分のみ生産することで、在庫リスクを抱える心配もなくなる。お互いのメリットを合致させる意味でも、クラウドファンディングは有効な手段となりうる。

そんなパワーに着目した新たなサービスが、クラウドファンディングによるショッピングサイト「the SHOWCASE」だ。アイテムごとにプロジェクトを立ち上げて、製造する予定の製品を発表。メーカー側が提示するサンプルの中から、ユーザーの注文によって目標の金額に達したアイテムだけを生産するという、画期的なショッピングシステムである。

提供元はアパレル・ファッション事業を多岐にわたって展開するFASH international。本サービスの魅力を探るべく、web ディレクター、田之上 将(たのうえ まさる)氏のお話を伺った。

バイヤーは自分!ブランドの逸品を安く、賢く購入

theshowcase_2

Q1、「the SHOWCASE」の概要・仕組みについて、詳しくご説明いだけるでしょうか。

「the SHOWCASE」は、クラウドファンディングシステムを応用したまったく新しいショッピングサイトです。まず、メーカーが、生産前(サンプル)の商品をweb内のショーケースに並べます。

ユーザーは、ショーケースの中から気になった商品をオーダーし、そのオーダー数がプロジェクトの目標値に達すると、アイテムごとにプロジェクトを立ち上げて、生産が開始される仕組みです。

並ぶ商品は、他では手に入れることのできない、ブランドこだわりの逸品であり、すべてがオーダーメイドによる限定アイテム。カスタマイズにも対応しているので、自分の意見を反映させることも可能です。返品や交換も何度でもできるので、納得がいくまでイメージを追求することもできます。

このシステムによって、メーカーが常に抱いている在庫リスクへの不安が解消される他、生産前に入金があるので、キャッシュフローの心配もなくなります。

ユーザー側には、世の中に流れていない限定品が手に入るという喜びとともに、メーカーの在庫リスク分が値段に還元されるため、あこがれていたブランドの服を通常より安く購入できるという利点があります。双方のメリットを両立させた有益なショッピングサイトだと、自負しております。

theshowcase_3

Q2、本サービスを開始するに至った経緯について、お聞かせください。

(中略)昨今のアパレル市場の商慣習に違和感を覚え、無駄を省いた環境に優しい販売をめざしたい、中間マージン、不良在庫を抱えるリスクを製品価格に還元し、良い商品を少しでも安くお届けしたい。そう考えたのがきっかけでした。

現在のアパレル市場はファストファッションが引率し、大量生産、大量販売が市場を形成しています。大量生産を行うことにより消費者へ安く商品を提供できる一方、取り扱う商品の種類と数が多く、季節波動を大きく受ける上、流行の影響に左右されやすくなっています。

そのために不良在庫を生み、値下げ、処分販売、そして売れ残った商品はゴミとして廃棄されているのが現状です。そうした現実を踏まえつつ、市場に新しい要素を取り入れたいと思い、クラウドショッピングサイト「the SHOWCASE」を立ち上げるに至りました。

日本の縫製技術の未来を守る、幸せなショッピングサイト

Q3、スタートはこれからですが、今後の展開について決まっていることがあれば、教えてください。

まずは、弊社が取り扱っているメンズブランド「junhashimoto」のクラウドショッピングサイトとしてスタートし、ゆくゆくは他のドメスティックブランドを巻き込んだモール型のクラウドショッピングサイトへ、認知を広げたいと考えております。

また、生産受託可能な体制を整え、ブランドを立ち上げたばかりのオーナーでも小リスクで安心して商品を販売できるモールに成長させていくつもりです。

Q4、「the SHOWCASE」を利用するユーザーへ、メッセージをお願いします!

ここでは、弊社代表取締役社長、加藤 大雄(かとう ひろお)の言葉を伝えさせていただきます。

「「the SHOWCASE」 は参加されるお客さまも、ブランドも工場も、みんなが幸せになれるシステムです。アパレルブランドを運営し、アパレルのことを本当によく理解している我々が、買う人も作る人も、みんなが幸せになれる方法を考え抜いて作りました。

お客さまは、より「納得のできる価格」で、より「素晴らしい品質」のものを受け取りながら、世界に向けて努力するブランドを応援し、日本の素晴らしい縫製技術を守ることができます。主役はバイヤーのあなたです。ご参加をお待ちしております」

the SHOWCASE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。