ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人気『妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式』のAmazonレビューが荒れている

妖怪ウォッチ

ゲームにアニメ、関連グッズも大人気でもはや社会現象となっている感もある作品『妖怪ウォッチ』。

先月、ガジェット通信にて

お子さんは大喜び! 「『DX妖怪ウォッチ タイプ零式』を作ってみた」の動画
https://getnews.jp/archives/638803[リンク]

という記事をお伝えした。それから1ヶ月以上が経過したものの『DX妖怪ウォッチ』グッズの入手困難な状況は相変わらずのようだ。記事中の『DX妖怪ウォッチ タイプ零式』、定価は3200円プラス消費税8%の3456円であるのだが、Amazonでも出品者がプレミア価格で販売しており1万円近くに釣り上がっている状態である。商品のページには

【ご注意ください】こちらの商品の参考価格は3,456円ですが、品薄で希少なため、一部出品者においては参考価格よりも高い価格で販売されている場合がございます。ご了承のうえ、ご注文ください。

という注意書きまで掲示されている。カスタマーレビューを見てみると、

星5つ:29
星4つ:23
星3つ:44
星2つ:13
星1つ:151

となっており、低い評価の理由は、商品そのものよりも価格にプレミアがついていることへの不満が多いようだ。
星1つのレビューで、最も「参考になった」の投票が多いものは

6歳の娘が急遽手術することになり、その不安が和らぐならと下の子の分と合わせて定価の3倍以上の価格で2つ購入。買ったからには言わせてもらうが、大人相手ならともかく子供の射倖心を煽るような商売で儲けようとするバンダイ、転売業者、そしてこんなビジネスモデルを成功例として持ち上げるマスコミには呆れるしかない。手数料で儲けるため転売業者を野放しにしてるAmazonも同罪。ゲイツ、ジョブズに比べてベゾスがキワモノ扱いなのも、このあたりが原因かと納得。
ただ、子供たちの喜びようは期待以上で、妖怪ウォッチが大きな救いになってくれたことには素直に感謝している。あなた達が売ってるオモチャには、子供たちに本当の夢と希望を与える力があるんですよ。そんなサンタクロースみたいな素晴らしい力を、なんで自ら貶めるのか…本当に理解に苦しみます。ウチの子、包帯と点滴の中でも妖怪ウォッチ付けて笑顔ですよ。見せてやりたいけど、残念ながらそれで何か感じるような人たちじゃないんでしょうね…

というものだったりする。
クリスマスにはあと3ヶ月以上あるのだが、お子さんからプレゼントにこれをねだられたらサンタさんはどうしたらいいのだろうか。果たしてその頃の作品の人気の状態や、商品の供給状態やいかにと今から懸念する次第なのである。

※画像は『Amazon』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。