ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋元きつね×ピョコタンでロボットアニメを制作!? 新プロジェクトも飛び出した『オレ劇場 2』レポート

オレ劇場 2

ミニブログ『Twitter』による呼びかけでクリエーターが集まり、作品上映とトークを繰り広げる突発性イベント『オレ劇場』。3月にうるまでるび、秋元きつね、ケロケロキング(木原庸佐)の3氏で開催されたのに続き、第2弾が6月13日に東京・お台場のニフティが運営するイベントハウス、東京カルチャーカルチャーで開催されました。

今回の主役は、テレビ番組『ウゴウゴ・ルーガ』のアニメ『がんばれ!まさおくん』やプレイステーション用ゲーム『せがれいじり』のCGで知られる秋元きつね氏と、ガジェット通信の『ニコニコ生放送』番組『漫画家だらけの大喜利』でもおなじみ、ピョコタン先生。2人が接点を持つきっかけとなった『せがれいじり』を核に、2人の来歴と現在の活動の紹介、そしてこれから立ち上げる新プロジェクトを発表するなど、内容の濃いイベントとなりました。

※記事のすべての写真を表示するにはこちらをご覧ください

・歴史珍表をベースに進行

秋元きつね×ピョコタン!

オープニングでは2人の代表作として、秋元きつね氏がテレビ東京『おはスタ』で放映した『ハコいりせがれ』、ピョコタン先生がフジテレビのサイト『少年タケシ』で連載を続けている『西日暮里ブルース』をそれぞれ上映。会場に配布された年表『歴史珍表』をベースに、2人の来歴を語りながら作品を上映する第1部がスタートします。

年表は1988年から開始。秋元きつね氏がP-MODELのローディーから自身のバンドで音楽活動を続ける過程でCGに出会い、音楽と映像を並行して創作活動に取り組む流れで『ウゴウゴルーガ』『せがれいじり』に携わったというエピソードを披露しました。一方、この当時ピョコタン先生は小学生から高校生。「ファミコンばっかりやってました」「スーファミばっかりやってました」という少年時代のエピソードを経て、高校生のときに描いた漫画『メリーさんのイボヂ』が紹介されました。

メリーさんのイボヂ

表紙だけでも相当なインパクトの作品で、既に大器の片鱗がうかがえます。高校に入学して早々に落ちこぼれ、「ウンコでも描きてぇから」と漫画の道に進んだピョコタン先生は、高校卒業と同時に漫画家デビュー。『コロコロコミック』で連載した作品が紹介されます。

・2人の接点『せがれいじり』

2人の接点『せがれいじり』

ここで話題は2人の接点となった『せがれいじり』へ。1999年に発売されたこのゲームが制作されるきっかけとなったのは、秋元きつね氏が自主制作したビデオ作品『人面牛』。こちらを元に提案したゲームがエニックス(当時)で採用され、発売されることになったそうです。

『せがれいじり』はこんなシステム

当時のCM、プレイ動画が上映された後、ゲーム内のオブジェクトにオカカワリ(接触)して「あれしよう!」というお題を選択していくと、その内容が映像として再生され、ゲームが進行していくというゲームシステムが説明されます。選択肢によって、映像は全部で777通りにもなるとのこと。ここで、777通りのうちCGアニメーション部分をつないだ映像が5倍速で一挙に上映されると、会場は大きな拍手に包まれました。

漫画版『せがれいじり』

この『せがれいじり』のプロモーションの一環で、ピョコタン先生が『コロコロコミック』上で漫画版『せがれいじり』を連載することになります。当時、エニックスの宣伝は「とにかくスピード」ということで、掲載にあたって秋元きつね氏による事前チェックはなく、内容はピョコタン先生のやり放題。もちろん、このころ2人に面識はなかったそうです。「でもそれがよかった」と秋元きつね氏は振り返ります。

・制作の裏側も披露

『せがれいじり』のイラスト仕様書

イベントでは、2人の作品制作の裏側もいくつか紹介されました。秋元きつね氏が『せがれいじり』で制作した仕様書イラスト、ゲーム内で使われたオリジナルのフォント、書道家による題字案などを紹介すると、クリエーターと思われる来場者からはため息が。『せがれいじり』の世界観がステージとなるハコがフォルダ、オブジェクトがアイコン、主人公で頭が矢印のせがれはカーソル、オカカワリがクリックと、Windows 95が登場した当時のパソコンをモチーフに世界観が構成されていること、せがれの頭の矢印は好奇心のベクトルで、「好奇心と無知(幼児性)が大人の論理を破壊する」という設定があったことなど、創作に携わる人たちに興味深いエピソードが次々と披露されました。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。