ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏こそ注意! 暑いからといって、清涼飲料水ばかり飲むと●●●になる?

夏こそ注意! 暑いからといって、清涼飲料水ばかり飲むと●●●になる?

■20代に増加中! 清涼飲料水に潜む危険とは?
 この暑い季節、どうしても冷えた清涼飲料水を飲みたくなりますよね。しかし、肥満、糖尿病と診断された人の多くは、清涼飲料水(お茶を除く)を常飲していたという事実があります。
 実は、1日に2リットルの清涼飲料水を飲むと120〜200gもの糖分を体内に入れることになります。清涼飲料水は一時的な高血糖を招くので、さらにのどが渇き、それを鎮めるためにまた清涼飲料水を飲むという悪循環を生みやすいものといわれているのです。これは近年、「ペットボトル症候群」として、話題になっているので、知っている人も多いでしょう。

 こうした清涼飲料水ばかりを飲む生活は、結果として糖尿病のリスクを高めるといわれます。
 糖尿病と言うと、中高年のイメージがありますが、清涼飲料水はとても飲みやすく、20〜30代の若い世代にも人気。そのため、若い人でも糖尿病リスクが高まっているといわれているのです。
 とても疲れやすかったり、立ちくらみを起こしたりしていませんか? 重度の糖尿病になると、失明したり、腎不全が起きるなどの可能性が高まり、日々の生活にも支障をきたす恐れも…。

■糖尿病の怖さは自覚症状がないこと
 『ズボラでも血糖値がみるみる下がる57の方法』(板倉弘重著、アスコム刊)には糖尿予備軍かどうかが分かるチェック表があります。以下の当てはまるものはいくつありますか?
 □お酒大好き!毎晩飲んでいる
 □野菜よりもお肉。揚げ物も大好物!
 □ごはんはお米。おかわりしないと物足りない!
 □私はグルメ。おいしい食事が人生の楽しみ
 □ついついファーストフードですませちゃう
 □やっぱりお菓子やジュースはやめられない
 □体を動かすのがおっくう
 □太っている。体重計が怖い
 1個でもチェックのついたあなた。要注意です。このままの生活を続けていると、いつか糖尿病になってしまう可能性大ですよ。

■食べるの大好き、運動は大嫌いのあなたに
 『ズボラでも血糖値がみるみる下がる57の方法』には、無理なく食生活を改善できる方法がたくさん載っています。 食べる順番を変える、食器のサイズを小さくする、調味料を変える、など日々の生活の中のちょっとした工夫で、健康な体を取り戻す方法が紹介になっています。ぜひお試しください。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
血糖値対策は“うどん”より“ステーキ”?
「炭水化物=太る」はまちがい?「米」のヤセ効果とは
古来から珍重されてきた“たまねぎ” その健康効果とは?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。