ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガ版ハウス・ミュージックはじめて物語! 『マシーンズ・メロディ』刊行

マンガ版ハウス・ミュージックはじめて物語! 『マシーンズ・メロディ』刊行

ダヴィッド・ブロ&マティアス・クザン著『マシーンズ・メロディ パリが恋したハウス・ミュージック マンガでわかるハウス・ミュージックの歴史』(DU BOOKS刊)

このたび〈DU BOOKS〉から刊行された『マシーンズ・メロディ パリが恋したハウス・ミュージック マンガでわかるハウス・ミュージックの歴史』は、まさにその副題の通り、ディスコ〜ハウス、その誕生の歴史がストーリーとしてマンガで楽しめる、そんな本だ。

本作はフランスのライターでラジオDJでもあるダヴィッド・ブロと、グラフィック・アーティストのマティアス・クザンの2人によって描かれたフランスのコミックの訳出だ。ディスコが誕生するまでの過程、デヴィット・マンキューソやトム・モールトンなどのDJによる最初期のシーンについて細かく書かれたプロローグだけとっても大変大きな価値を持っている。ディスコ〜ハウス・ミュージックの誕生と発展を中心に、その過程ともいえるパラダイス・ガラージやシカゴ・ハウスなどについても記されている。特に前半は、読むものの感情を移入させる、ドラマチックなタッチとなっており、著者と読書の溝をちょうどよい距離感で埋めてくれる。さらに一歩、この歴史のなかへ踏み込むことができる。
本書は、平成生まれの自分のような“後追い”のさらに”後追い”の世代にも大変読みやすいものとなっている。ただ、その名前と、漠然と“そのシーンのレジェンド”という事実だけしか知らないアーティストたちも、コミックで描くことで、ドラマ性が高まり理解に繋がりやすい。
『マシーンズ・メロディー』はダンス・ミュージック・カルチャーにおいてのコミュニケーションの重要性をあらためて確認することが出来る資料集であり、指南書といった感覚だ。
(浜)

・DU BOOKS公式サイト『マシーンズ・メロディ パリが恋したハウス・ミュージック マンガでわかるハウス・ミュージックの歴史』
http://diskunion.net/dubooks/ct/ detail/1006274004

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。