ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

余命2か月…実在の若者を人気作家が書く

余命2か月…実在の若者を人気作家が書く

 自身が原作を手がけた映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014年11月公開予定)が注目を集め、小説家として脂が乗りきっている感のある中村航さん。
 悩み、成長していく等身大の若者たちを爽やかに書くことに定評のある中村さんですが、今月発売の新刊『小森谷くんが決めたこと』(小学館/刊)もそんな同氏の才能がいかんなく発揮されています。
 とはいっても、ただの青春小説ではありません。ここで描かれているのは「青春」よりももっと深くて、もっと切ない「人生」です。

 主人公は小森谷真という30代の男性。
 覚えておいてほしいのは、彼が実在する人物だということです。
 この作品は、ひとことで言えばこの「小森谷くん」の半生記なのですが、ここで語るべきあらすじは特にありません。
 どこにでもいるような男性が、さほど珍しくない生まれ方で生まれて、誰もが通うように学校に通い、友達や恋人と出会い、時には失恋をしたりしながら、皆と同じように仕事を見つけて働き始めます。これといってドラマティックな出来事のない、うまくいくこともあれば失敗することもある、本当にありふれた「普通の人生」です。
 しかし、「普通の人生」はかならずしも「退屈な人生」ではありませんし、それを描いた小説も「退屈な小説」とは限りません。
 どんなに変わりばえのしない人生でも、その人だけの輝くような瞬間は必ずあります。それを見逃さずに丹念に書くことで「普通の人生」から、誰もが目を奪われるような小説が生まれることもある。この作品はまさにそんな小説なのです。

 ところで、「小森谷くん」には「普通」ではないところが一つだけあります。
 それは「医師から余命2カ月と宣告された」こと。
 この小説が完全なフィクションであれば、何のことはないただの「設定」ですが、「小森谷くん」は実在の人物であり、宣告から2カ月以上経った今も元気に生きています。
 これは一体どういうことなのか?

 ぜひ本書を読んで確かめてみてください。
 映画やドラマでは味わえない、小説ならではの感動がきっと押し寄せてくるはずです。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
綿矢りさサイン会に長蛇の列
本当はエッチな『浦島太郎』
アニメ『サザエさん』の意外なエピソード

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy