ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

バブルやiPhoneも体の一部!競技ルールも進行形『ニコニコ学会β運動会部』未来の普通の運動会とは

バブルやiPhoneも体の一部!競技ルールも進行形『ニコニコ学会β運動会部』未来の普通の運動会とは

7月5日、誰でも自由に参加ができる研究の場『ニコニコ学会β』で発足された分科会の一つ『ニコニコ学会β運動会部』の『第1回運動会ハッカソン』が開催されました。「運動会ハッカソン」とは、運動会をハックするという意味。ユーザー参加型で「未来の普通の運動会」をやってみようということを目的としているとのこと。なんだか面白そうなこのイベントに筆者も参加してみました。

第1回運動会ハッカソン / Sports Hack Day #1 in 神奈川工科大学『ATND』
http://atnd.org/events/52360[リンク]

ニコニコ学会とは『ニコニコ学会β』
http://niconicogakkai.jp/info/about[リンク]

運動会会場はこちら

開催場所は神奈川県の本厚木にある『神奈川工科大学』KAITアリーナ。

開場前の会場

フライングで会場をチラリ。なんだか懐かしい手作り感。ホッとします。

開場

受付開始。続々と人が集まってきます。

未来の普通の運動会スタート

未来の普通の運動会とはいったいどういうものなのでしょう。ワクワクしてきますね。

指導をしてくれた南方さん

運動会なので、ケガをしないように、まずは体をほぐすための体操からスタート。

体操からみんな楽しそう

スポーツクラブ ルネサンスのインストラクターの皆さんが指導してくれたのは『シナプソロジー体操』。命令と言った後の指示には従って体を動かし、言わない場合の指示には従わないなど、頭と体を同時に使うゲーム感覚の体操です。五感に刺激を与えながら体を動かすということで認知症などにも効果があるそう。これだけでもう盛り上がっております。

シナプソロジー普及会
http://www.s-re.jp/renaissance/synapsology/[リンク]

犬飼博士さん

運動会部長の犬飼博士氏による開会の挨拶。

中村隆之さん

運動会と会場の諸注意を説明する神奈川工科大学 特任准教授 中村隆之氏。

江渡さん

そして挨拶をするニコニコ学会β委員長の江渡浩一郎氏。みなさんゲームクリエーター。面白いイベントになるのではと期待が膨らみます。

遠吠え

「わおーーん!わおーーん!」

犬飼運動会部長が遠吠えをし、参加者が遠吠えで応える。いよいよ運動会開始です。

競技説明

この運動会はデベロップレイヤーが競技を持ち込み、プレイしていく中でルールやプログラム、道具を改良していき、最後に成果を発表するという流れになっているとのこと。決まった競技をして順位を決めるということよりも、競技自体を改良していくことに重点を置いているようです。
※デベロップレイヤー:デベロップとプレイヤーを合体させた造語。スポーツでは作ることとプレイすることがほぼ同時で同じ人が行うことから、このイベントではプレイする人も開発する人もデベロップレイヤーと呼ぶ。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき