ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

マイクロソフトが3Dウェブゲーム『翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~』を無料公開 開発者向けに一部ソースコードも提供

マイクロソフトが3Dウェブゲーム『翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~』を無料公開 開発者向けに一部ソースコードも提供

日本マイクロソフトは、Production I.G制作のアニメ『翠星のガルガンティア』とコラボレーションした3Dウェブゲーム『翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~』を6月18日14時に無料で公開しました。同ゲームは、ブラウザで何ができるのかをデモンストレーションするマイクロソフトの『Rethink』プロジェクトで、初めて日本発のコンテンツとして企画されたもの。開発者向けに、一部のソースコードと3Dモデルも同時に公開されています。

『翠星のガルガンティア』は、2013年4月から6月まで放送されたオリジナルSF冒険活劇アニメ。続編のOVA『翠星のガルガンティア~めぐる航路、遥か~』も2014年9月に前編、2015年4月に後編のイベント上映が予定されています。

翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~

『翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~』は、アニメ本編の5話から6話にかけての時系列を舞台にしたサイドストーリーとして制作。仕事探しをする主人公・レドが、サーフボードとハンググライダーの中間の乗り物“サーフカイト”を使ったメッセンジャーの仕事に就くという設定でストーリーが展開します。

マルチエンディングのシステム

村田和也監督が全面的に監修し、本編スタッフの谷本大四郎氏がシナリオを書き下ろし。ストーリーモードでは本編と同じ声優によるフルボイスを収録しています。ユーザーが選んだ選択肢で展開が変わるマルチエンディングのシステムを採用。6月18日には「MISSION 1」が公開され、「MISSION 4」までが順次公開される予定です。

ゲーム画面

ゲーム本体は、サーフカイトで船団都市“ガルガンティア”の上空を飛び、制限時間内にターゲットを通過していく3Dアクション。キーボード操作にも対応していますが、『Internet Explorer 11』のタッチ操作に最適化されています。ウェブ標準のWebGLを採用しているので、『Internet Explorer 11』以外にもWebGL対応のブラウザで動作が可能。

Surface Pro 2でプレイ

発表会場には『Surface Pro 2』が置かれ、タッチ操作で試遊することができました。トゥーンシェーダーなどを活用してリアルタイムレンダリングされるグラフィックは美しく、雲の動きや船の航跡など細かい部分まで丁寧に表現されています。これがプラグインなど特に入れていない“素”のブラウザで滑らかに動いているのが驚き。

フライトシミュレーターの要素もあり、左右に旋回すると揚力が低下して高度が下がる、という細かい挙動もリアルに再現されています。これは監督のこだわりで入れた要素なのだとか。「フリーフライト」のモードでは船団都市の上空を自由に飛びまわれるので、作品ファンはその世界観にどっぷり浸ることができるのでは。

『翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~』
http://fly.gargantia.jp/

このゲームは、オープンソースの3Dゲームエンジン『Turbulenz Engine』を用いて開発。同エンジンは、WebGL、Web Audio、Gamepad、WebSocketsなどのHTML 5 APIをひとつにまとめたパッケージとして無償で提供されています。

Turblenz Engine
http://github.com/turbulenz/turbulenz_engine[リンク]

マイクロソフトはゲームの一部のソースコードと3Dモデルを公開。3Dモデルを含むコード以外の素材はクリエイティブ・コモンズの表示-非営利(CC BY-NC)ライセンスで公開されているので、非営利であれば改変して続編や別バージョンを制作・公開することもできます。アニメ原作のゲームの派生作品を公認で作れるという点で、注目できる取り組みですね。

『翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~』ソースコード
https://github.com/turbulenz/gargantia_editor[リンク]

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき