ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インターネットを活用した、ひきこもりのための株式会社の創り方(その2)

グニャラくんのグニャグニャ備忘録@はてな

今回は末永匡さんのブログ『グニャラくんのグニャグニャ備忘録@はてな』からご寄稿いただきました。

インターネットを活用した、ひきこもりのための株式会社の創り方(その2)
この度、株式会社wktk(ワクテカ)という法人を設立いたしました。

30歳の誕生日に何か面白いコトをやろう!と思い立って、2週間くらいで法人設立にこぎつけました。あ、会社勤めは辞めてないし、辞めるつもりもないですよ、念のため。僕の勤め先は、そういうところに融通が利くところなのです。起業を促進してます。うんうん。

株式会社の作り方と、基本的な開業準備について、「ひきこもり気質でインターネット大好きな人」向けに情報を公開します。

世の中には、会社設立のガイドがあふれかえっています。重複することを書いても仕方ないので、本や他のサイトに載っていない情報を主に書いていきます。情報は2010年4月現在のものです。

インターネットを活用した、ひきこもりのための株式会社の創り方(その1)
https://getnews.jp/archives/59823

(その1からのつづき)

法務局にいく
僕の場合は、「30歳の誕生日に会社を作りたい!」という野望があったため、法務局をわざわざ訪れました。しかし、設立日なんでどうでもよければ、郵送で済ますこともできます。郵便って便利!

 ・提出書類の1枚目の、発起人の名前欄のあたりに、連絡先の携帯電話番号を鉛筆で書いておいてください。
 ・銀行通帳のコピーは、出資額の預入(もしくは振込)のところに蛍光ペンでマークしておいてください。

要は、読んで審査する人の気持ちに立って親切にしたほうがいいよ、ってことですね。

法務局に、相談窓口みたいなものがあります。僕は念のため行きました。“電子定款”と“登記すべき内容”が入ったCD-Rの中身を読む設備がないので、あまり意味のあるアドバイスをいただけませんでした。というわけで、直接窓口に書類一式を提出しちゃうのがいいと思います。

なお、電子定款とは“PDFファイル”だけではなく、“鑑定文書”と呼ばれるXMLファイルと、“電子証明書”であるXSLファイルのセットです。よって、この3種類のファイルと、あとは“登記すべき内容”が入ったテキストファイルの、計4種類のファイルをCD-Rに入れて持っていく必要があります。

け、決して“PDFファイル”と“テキストファイル”だけを提出して、電話で呼び出しを食らい、「補正場所」なるトコロで新しいCD-Rを提出したりはしていないぞ。雰囲気的に、職員室に呼び出されたような感じでした……。

『登記情報提供サービス』で設立を確認する
通常は、登記の申請をしてから1週間ほどで登記が完了します。実は、いまや登記もインターネットで確認できるんです!それが、『登記情報提供サービス』です。

http://www1.touki.or.jp/
平日の8:30-21:00しか使えないけどな!

このサービス、昔は“いにしえのウェブページ”的なデザインだったのですが、トップページがキレイになっています。

インターネットを活用した、ひきこもりのための株式会社の創り方(その2)

トップページ右には、2コの大きなボタン画像があります。それぞれ「登記情報を請求する」「登記情報と照会番号を請求する」と書いてあります。ここでは「登記情報と照会番号を請求する」をクリックしてください。

すると次の画面に……昔とデザインが変わっとらんやないか!

インターネットを活用した、ひきこもりのための株式会社の創り方(その2)

「一時利用(クレジットカード即時決済)」のリンクをたどり、各種動作確認後、「動作確認終了 一時利用する」を押してください。

一時利用では、住所氏名生年月日、そしてクレジットカード番号を入力しないと、検索を行うことすらできません。個人情報を入力後、商業・法人登記情報のリンクをクリックし、「法人登記簿請求」の検索を行います。検索時に「照会番号の発行通数」を指定しますが、“1”とでも入れておいてください。

検索結果に自分の会社がない場合には、まだ登記されていません。じっくり待ってください。検索結果の表示までは無料ですが、検索結果をクリックするとその時点で手数料が発生します。

検索結果に、自分の会社が見つかったら、検索結果をクリックして登記情報を請求しましょう。請求した登記情報について、まず照会番号を控えてください。税務署への届出の際に必要となります。また、会社法人等番号も控えておいてください。印鑑カードをスムーズに受け取ることができるでしょう。

法務局に行って印鑑カードを受け取る。
設立登記が終わっていることを確認したら、法務局に行きましょう。印鑑カードというものを受け取ることができます。

ここで、登記事項証明書のうち履歴事項証明書を最低1部もらっておく必要があります。後で、都税事務所への届出の際に、それをスキャンしたものが必要となるからです。銀行口座も作成するため、印鑑証明書ももらっておきます。

e-Taxを通じた、税務署への届出
東京都での法人設立の場合、税務署と都税事務所に届出が必要となります。なんと、これらの届出はインターネットでできちゃいます。ひゃっほーい!!!!……と喜びたいところなのですが。

実は、税務署で「設立セット」なる書類セットをもらい、それに記入をして郵送したほうが楽です。が、インターネット大好きな俺(おれ)としては茨(いばら)の道でもインターネットで手続きをしたかったのです。

さて、『e-Tax』の利用にはICカードリーダーと、住民基本台帳カードが必要となります。これらのセットは、個人の確定申告の場合にも使えます。ぜひ購入しておきましょう。住民基本台帳カードの発行時に、電子証明書の発行も一緒にしてもらう必要があります。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy