ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロジクール、2.4GHz帯のワイヤレスキーボード&マウスのセットを3980円で発売へ

ロジクール ワイヤレス デスクトップ MK250


ロジクールは、安定性の高いワイヤレス操作を可能にする2.4GHz帯RF無線を採用しながら、高いコストパフォーマンスを実現したキーボードとマウスのセット製品『ロジクール ワイヤレス デスクトップ MK250(以下、250)』を5月28日に発売します。価格はオープンですが、同社オンラインストアでは3980円(税込み)と低価格を実現しました。

『MK250』は、同社独自のアドバンス2.4GHzワイヤレステクノロジーにより、動作距離最大10メートルと広い操作範囲と省エネ(長時間駆動)設計を特徴とした、コンパクトなキーボードとマウスのセット。WiFiやBluetoothなど、近周波数の電波が多い環境でも干渉のない安定した接続を実現しています。電池寿命は、キーボードで最大15ヵ月(オフィス環境で200万回キーストローク/年を想定)、マウスで最大5ヵ月(使用環境により異なる)です。

キーボードはフルサイズレイアウトの静音・薄型のメンブレンタイプを採用。長時間の使用でも疲れにくい自然なタイピング感覚を保てます。マウスは手のかたちにフィットする形状で、スムーズで正確なカーソル操作を実現するオプティカルセンサーを搭載しています。セットアップは、ドライバのインストールなどは不要。USBレシーバーをパソコンに挿すだけですぐに使用できます。

キーボードのサイズは、W446×D167×H20.5mm、重さは522g、マウスのサイズはW60.7×D110.6×H37.5mm、重さ90g、レシーバーのサイズはW17.1×D44.8×H9.5、重さ6g。いずれもカラーはブラックのみです。
 
 

■関連記事
ロジクール、ガラスの上でも使える高性能ワイヤレスレーザーマウス2機種を発売へ
衝撃的にコンパクト! 折りたたんでスッキリ収まる『USB折り畳み式ミニキーボード』
指先で使うから疲れにくい?! 超薄型マウス『トラベルマウスZ1668』製品レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy