ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホで皮膚がんをチェックできるアプリを米大学が開発中、精度は85%

DermoScreen

スマートフォンの活用はあらゆる分野で広がりつつあり、睡眠パターンや心電図の測定など医療・福祉分野でもすでに活躍している。

そして、米国のヒューストン大学で現在開発中なのが、スマートフォンを使って皮膚がんを診断するアプリだ。現在、診断の精度は85%。ゆくゆくは専門医がいない地方などでの活用を目指している。

アプリの名称は「DermoScreen」。専用のレンズを取り付けて患部を撮影すれば、皮膚がんの疑いがあるかどうかを数秒で判断するというものだ。

診断の精度について、この診断ソフトウェアの開発を行っているエンジニア工学専門のGeorge Zouridakis教授は「精度85%というのは皮膚科専門医の診断と同等で、専門医でない医師の診断より優れている」と話す。

また、アプリの精度は現在、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターでも査定中だ。

このアプリのメリットはまず、手軽に診断が受けられることだろう。それにより、がんの早期発見につながることが期待できる。また、検査にかかる費用を安く抑えられることも挙げられる。

撮影に使うレンズはマクロで患部を撮影できる専用のものとなっている。価格は500ドルほどになるため、個人で使うというより行政などが医師の診察に代わる手法としての活用を想定している。

研究チームは「専門医がいない“医療へき地”や発展途上国などで役に立つはず。早期の実用化を目指したい」としている。

ヒューストン大学

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。