ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【コンデジレビュー】撮影者も動画で共演『Powershot N100』は思い出をストーリーで残す新世代のカメラ

PowerShot_N100_01

この機種、要するに?

・コンデジの新しい方向性―撮影者含めたムービー・写真のストーリー保存
・F1.8の明るいレンズに「DiGiC6」エンジンで画質の担保は万全
・丸みのあるコンパクトかつ高級感のあるボディ
・バリアングルとタッチパネルで直感的なインターフェース

すべての写真を見るにはこちら

チェックポイント

・レンズ明るさはどう?
メインカメラは24-120mm相当、光学5倍F1.8(広角端)の明るいズームレンズを搭載している。最近はF値が2近辺のコンパクトカメラが珍しくなくなったとはいえ、実はすごいことだ。小さいボディを担保しつつレンズの明るさを稼ぐという努力の結果、子供や動物などの動きが予測できない被写体や、薄暗いパーティーなど「撮影的に過酷な環境」にも対応できるようになっている。

・画質はどう?
本機種の新コンセプトでもある、「ストーリーの保存」は、動画・静止画の両面から、撮影者と被写体を含めた「思い出」を記録するというもの。この新機能についてはのちに詳しく説明しよう。
こうした、コンデジが駆り出されやすい「日常的な風景」は先にも述べたとおり、露光が足りなくなりがちな撮影的にシビアな場面が多い。

最新エンジンである『DiGiC6』については、静止画性能はもちろんのこと、動画性能のアップにも大きく貢献している。動画に関しては『DiGiC5』の9倍のノイズ処理能力を持っている。
レンズとエンジンのおかげで、画質は高水準で保たれていると感じた。

チューリップ Green

・重さはどう?
大きさは104.5x67.5x35.8mmと完全に手のひらサイズ。重さは289gなので、大きさの割に意外とズッシリという印象はある。これを重さとみるか「高級感」とみるかは人によるところだろうが、持ち運びに難がある重さではないだろう。

手のひら

・起動時間やレスポンスはどう?
全く問題ない。従来機種よりも動画の撮影にもウェイトが置かれたモデルだが、きびきびとした反応を返してくれる。(『DiGiC6』の恩恵が大きいかもしれない)
タッチパネルの感度も良いのでUI的なストレスは感じなかった。

さわってみて

先にも述べたように、この『PowerShot N100』のコンセプトに「思い出をストーリーで残す」という考え方が反映されている。撮影した環境もひっくるめ、静止画と動画を融合させ「撮る」人、「見る」人との間で「共有」する。

『N100』には「ストーリーカメラ」と呼ばれるサブカメラが液晶モニター側に搭載されている。いわゆるケータイでいうところの「自撮り」用のレンズに近い。
これにより、メインカメラの映像・画像に“撮影者の表情”をワイプで自動的に合成することが出来るのだ。(デュアルキャプチャー機能)

ワイプ ワイプ2

ファインダーをのぞく必要のない、(液晶を見ながら撮影する)コンデジだからこそ成しえた機能だろう。

ストーリーカメラは広角25mm相当なので、複数の撮影者がワイプに収まることも可能だ。

しかしながら、『N100』はただの自撮り機能が付いたコンデジではない。
「プラスムービーオート」機能では、シャッターを切る直前の約4秒間の動画と静止画を一緒に記録することが可能。

そして、カメラ内のメモリーカードに記録された画像や動画から、カメラが自動で“大切な写真”を選び出して新たな動画アルバムを自動生成する「ストーリーハイライト」機能が搭載されている。

編集のテーマは多くの静止画が撮られた『イベント』、特定の日付から選択する『日付』、登録された人物を中心に選択する『人物』、自分が指定した静止画だけを対象にした『カスタム』など、4つのテーマからムービー生成を選択することができるのだ。

PowerShot N100 PowerShot N100 起動時 PowerShot N100背面
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき