体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャンクフードの食べすぎで本当にジャンキーに?

サイエンスあれこれ

気づくとけっこうな頻度で食べてしまっているジャンクフード……ちょっとドキッとしてしまう論文が発表されているようです。今回はscience_qさんのブログ『サイエンスあれこれ』からご寄稿いただきました。

ジャンクフードの食べすぎで本当にジャンキーに?
『Nature Neuroscience』のオンライン版に先週発表された論文 *1 (購読無料)によれば、ベーコンやソーセージなどを含む高脂肪食を与えられたラットは、通常食を与えられたラットより、満腹になるまでにより多くの量を食べる必要があったそうです。これは、薬物中毒の患者が、満足感を得るためにより多くの薬を必要とするのに似ているというわけです。

どこまで似ているのか調べるために、部屋を明るくすると電気ショックが与えられることを学習したラットで同様の実験をしたところ、高脂肪食を与えられたラットは、部屋が明るくなり、電気ショックが来ることが分かっているのにも関わらず、食べ続けたそうです。これは、薬物中毒患者にも見られる一種の強迫観念です。そして最後に、薬物中毒患者で少なくなっていることがわかっているドーパミン受容体の産生を、同様に抑えたラットでも同じ実験を行ったところ、この強迫観念を獲得するまでの時間が、正常な量のドーパミン受容体を産生するラットより短かったというのです。

これらの結果から、あくまでもラットにおいては、高脂肪食を取り続けると、薬物中毒と同じようなメカニズムにより、高脂肪食中毒に陥る危険性があるということが示唆されます。さあて、人間ではどうでしょうか。夜中にとてつもなくマックを食べたくなるあなた、危ないかもしれません。いや、それは私のことでした……。

*1:『Nature Neuroscience』28 March 2010「Dopamine D2 receptors in addiction-like reward dysfunction and compulsive eating in obese rats」
http://www.nature.com/neuro/journal/vaop/ncurrent/abs/nn.2519.html

執筆: この記事はscience_qさんのブログ『サイエンスあれこれ』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

******
ガジェット通信では、皆さんの原稿を募集しています。
https://getnews.jp/post
******

■最近の注目記事
史上最も有名で、最も戦闘的だった統計学者は誰か?
iPhone OS 4にみる、アップル本気の『どくさいスイッチ』
株式投資で儲からない理由

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。