体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IKEA立川オープン直前「IKEAお買い物ガイド」

IKEA立川

IKEA立川の先行公開に行ってきました

ちょっと独特で楽しいお店のシステムで知られる北欧スウェーデンの大型家具チェーン『IKEA(イケア)』の新店舗『IKEA立川』が2014年4月10日にオープンします。

「東京都下」には初出店。国内では7店舗目。IKEA立川のストア面積は4000平米。取り扱い品目数9500。駐車場は1500台収容。JR立川駅から徒歩12分。多摩都市モノレール高松駅から徒歩7分。(東京都立川市緑町6番)

駐車場は1500台収容

4月7日に報道向けの内覧会が開催されたので、ガジェット通信も参加してきました。この日はIKEA FAMILY会員向けのプレオープン企画もおこなわれており、会員さんも買い物をしていましたよ。

IKEA FAMILY会員はその場で申込もできる、とのことで入会無料、年会費無料です。入会時500円クーポン、誕生日月にも500円クーポンがつき、おまけに店内のレストランで温かいコーヒー紅茶無料。さらにプレオープン期間中(オープン前)は通常1000円かかる駐車料金が無料であったり、3000円の買い物ごとに1000円分のIKEAギフトカードがもらえるといった特典がアナウンスされていました。

IKEA立川

IKEA店内に4つのエリア

IKEAの店舗内は大きく4つのエリアにわかれています。
1.ショールーム
2.マーケットホール
3.セルフサービスエリア
4.お会計エリア

ショールームは、実際の部屋を店舗内に再現し、その中にIKEA製品を並べ、実際にIKEA製品を使っているシーンを再現しているエリアです。部屋を再現した「ルームセット」と、家全体を再現した「ホーム」があり、IKEA立川には、54のルームセットと3つのホームがつくられていました。自分の住居のイメージに近いルームセットをみつけ、そこにどんなものが置いてあるかを眺めて、イメージをふくらませます。欲しい家具があれば、メモをとります。

IKEAショールーム IKEAショールーム(ランドセル)

次のエリア「マーケットホール」には雑貨や小物がたくさん置いてあります。欲しい雑貨はその場で手にして、店内においてある黄色いショッピングバッグやカートに放り込んでいきます。

IKEAマーケットホール IKEAマーケットホール

セルフサービスエリアは、倉庫みたいな場所です。ショールームで家具を眺めて、欲しいと思ったものは、ここでピックアップし、自分でレジに運び込みます。

セルフサービスエリア

最後の「お会計エリア」は、買った商品を精算したり、配送手続きをおこなう場所です。基本は自分で持って帰るのですが、大きな家具を購入した場合や、小物でも沢山買っちゃった場合は、配送を頼めば楽ちんです。配送には、配送料金が必要です。

IKEAレジ

上記4つのエリアの他に、レストランや、フードショップ、ビストロなどもあり、お茶して休憩したり食事したりすることもできます。なにしろ広いので、休憩しながら何を買うかじっくり考えるってのもよいでしょう。

IKEAレストラン IKEA立川ビストロ

IKEAでの買い物の手順

実際に店内の写真をみながらIKEAでの買い物の手順をみてみましょう。

IKEA立川 ショッピングリストと鉛筆

「ショッピングリスト」と「鉛筆」。これらは店内のいたるところに置いてあります。「ショッピングリスト」はメモ用紙です。これを手にし、自分の部屋に合う家具を探し、メモします。

1 2 3 4次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。