ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

いまさら人に聞けない小保方晴子のSTAP細胞Nature論文と捏造問題の詳細 その1 TCR再構成と電気泳動実験(金融日記)

いまさら人に聞けない小保方晴子のSTAP細胞Nature論文と捏造問題の詳細 その1 TCR再構成と電気泳動実験

今回は藤沢数希さんのブログ『金融日記』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/548690をごらんください。
※この記事は2014年03月22日に書かれたものです。

いまさら人に聞けない小保方晴子のSTAP細胞Nature論文と捏造問題の詳細 その1 TCR再構成と電気泳動実験(金融日記)

さて、我らのアイドル小保方晴子さん(以下、オボちゃん)は、2014年1月29日にSTAP細胞という、新しい万能細胞を作る方法を発見したと大々的に発表しました。

「「STAP細胞」「新型万能細胞」を開発した小保方晴子リーダーは「女子力」も高かった」 『YouTube』




(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://youtu.be/lziqbqQu7C0

「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見」 2014年01月29日 『理化学研究所』
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140130_1/

「Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency」 2013年12月20日 『nature』
http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12968.html

STAP細胞というのが何かわからない方は、10分で読めますので、もう一度僕のブログを読み込んで下さい。ES細胞、クローン、クローンES細胞、iPS細胞の歴史を、今回の事件に絡めて、これだけわかりやすくまとめている記事を僕は他に知りません。分子生物学の専門家の方もよくまとまっていると言っていました。

「いまさら人に聞けないSTAP細胞と細胞生物学の基礎」 2014年03月16日 『金融日記』
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52004024.html

しかし、このNature論文発表後、世界中の同じ分野の研究機関が同じ方法でSTAP細胞を作ろうとしましたが作れませんでした。また、国内外の様々な研究者が、論文の矛盾点を指摘しはじめました。

それで捏造疑惑が巻き起こり、もともと若い女がすごい発見をしたということで、嫉妬心を燃やしていた国内外の研究者がものすごい勢いでオボちゃんのNature論文や、過去の博士論文のあら探しをしました。また、科学の素養がない識者の方々も、さまざまな感情から、オボちゃんをボコボコに叩き始めました。そして、これが結果的にはマスコミが有名人を持ち上げてから叩くという、ジェットコースター的なエンタメとなり、誰もがこの問題に興味を示し、みんなでオボちゃんを叩くという、国民的なイベントになりました。

嫉妬心にもいいものと悪いものがあります。仮にそれが嫉妬心がきっかけであったとしても、オボちゃんの論文のあら探しが、ものすごいスピードでネット上で行われたことは、科学の発展という点ではすばらしいことだったと思います。こうして間違った理論がデバッグされ、科学は進歩して行くのです。

もちろん、科学コミュニティの信頼を守るためには、捏造が発覚したら、悪いことをした人に何らかのペナルティを与える必要があります。そういう意味でも、研究者がオボちゃんをボコボコに叩く正当性は大いにあります。

しかし、文系学者の方々が瑣末なコピペ問題を、鬼の首でも取ったかのように、執拗にボコボコに叩き続けるのには他の理由があります。*1それは、彼らが、今回の捏造疑惑で、そこしか理解できなかったからです(苦笑)。コピペなら、確かに彼らでもよく理解できます。なので、そこだけ得意気な顔して、ボコボコと叩くわけです。

*1:「博士論文のコピペ問題に関する議論を聞いていて、やっぱり文系学者って本当に頭悪いんだなって思った」 2014年03月20日 『金融日記』
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52004530.html

さて、これから数回に分けて、オボちゃんの論文を読み解きながら、一体どこに間違いがあり、どんな捏造があり、何が問題なのかを解説したいと思います。はっきり言って、世間でこの問題を論評している偉そうな文系学者の99%は、何が問題なのか全く理解しておりません(笑)。「博論のイントロをコピペでごまかしたな! おかげで俺の博士号の信ぴょう性にも傷がついたじゃねーか。この女、氏ね!氏ね!」と繰り返しているだけです。

それでは論文で行われたことを一つひとつ解説しましょう。このNature論文の主旨は、STAP細胞を作る方法の発見です。STAP細胞をこうしたら作れるんじゃないか、みたいなアイディアは米ハーバード大のバカンティ教授らが持っていました。そして、オボちゃんは、ひたすら条件を変えながら、STAP細胞作成の実験を繰り返していたのです。実際のSTAP細胞作成の実験をしているのはオボちゃんひとりでした。そして、STAP細胞らしきものができたのが、おそらく1年以上前です。当然ですが、理研とハーバード大はこの発見で先に特許を出願しました。

特許を出願する前に、一度だけSTAP細胞を作ることにオボちゃん以外で成功したのは、共同研究者の若山さんです。若山さんは、オボちゃんといっしょにSTAP細胞を作って、確かに万能細胞の特徴のいくつかを確認した、と思ったわけです。僕の知る限り、Nature論文が発表された時点では、STAP細胞を作る実験で、オボちゃん単独実験以外で成功しているのは、この時だけです。しかし、その後に、若山さんが山梨大学に移ってからは、同じ方法で一度も成功していません。

ちなみに、若山さんは、クローン・マウスを作ったり細胞核を操作する技術で世界的に評価されている研究者です。また、英語で論文を書くことに慣れていないオボちゃんに代わって、いっしょに実験データを整理しながら論文を書いてあげたのがオボちゃんの上司に当たる笹井さんで、笹井さんは幹細胞の分化のメカニズムの研究やES細胞から様々な器官を作り出す研究で世界的に認められているスター研究者です。オボちゃんのバックには、このようなスター研究者が何人もいて、彼女の論文の信ぴょう性を一層高めました。こうしたネーム・バリューがあったから、これほどの驚くような発見でも、データが信頼され、世界的な科学誌であるNatureの査読を通ったと言ってもいいでしょう。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき