ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ほむら衝撃の行動の意味は? 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』特報映像
  • 【目が 目がァ~!】定番を覆す新しい悪魔憑きホラー『バチカン・テープ』 閲覧注意な予告編[ホラー通信]
  • ハン・ソロ? ボンド? ロボコップ? 俺たちのセンターは誰だ! “20世紀アクションヒーロー総選挙”が開催中
  • 青春ノワールの伝説的名作から12年……韓国で驚異的ヒットを記録した映画『チング 永遠の絆』
  • キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードと映画『スター・ウォーズ』撮影中の情事を告白
  • 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編にアジア系の新人女優ポム・クレメンティエフが出演
  • アベンジャーズの“打ち上げ”メニュー「シュワルマ」が登場! 動いて喋るロケットにも会える「マーベル・カフェ」
  • 「湘南乃風」RED RICEさん&SHOCK EYEさんに色々聞いた! 「実はもともとリア充的なカルチャーとかパリピ感って苦手なんですよ」
  • 「凹んだ時は“ジーニー 山寺”で検索して元気になったり(笑)」『アラジン』山寺宏一インタビュー
  • 米ワーナー・ブラザースによるリブート版映画『キャノンボール』、イータン・コーエンが監督に決定
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2018/6/22号:ニコラス・ケイジ怪演!『マッド・ダディ』、異色ゾンビコメディ『カメラを止めるな!』
  • くらたま&岩井志麻子が言いづらい女子の悩みにエール「ずっと処女でも良い」
  • ジョー・マンガニエロ、ベン・アフレック主演のバットマン単独映画でデスストロークを演じる
  • エリザベス・バンクス、親としての責務から映画『ピッチ・パーフェクト』第3弾の監督を降板したと語る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 【4月公開】サイモン・ペッグに何があった? 全知無能コメディ『ミラクル・ニール!』の場面写真が意味不明すぎる

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

音楽とドライブ! 携帯音楽プレーヤーをカーラジオで再生するFMトランスミッター

PCK-FMUV

プリンストンテクノロジーは、携帯音楽プレーヤー用FMトランスミッター『PCK-FMUV』シリーズを4月上旬に発売します。『ウォークマン』や『iPod』などの携帯音楽プレーヤーからFM電波で飛ばして、車のFMカーラジオで音楽を楽しめるFMトランスミッターです。

PCK-FMUV

『PCK-FMUV』は携帯音楽プレーヤーに接続することで、音楽を聴きながらのドライブを手軽に実現してくれるアイテムです。3.5mmステレオミニプラグで接続するため、『iPod』『ウォークマン』その他のMP3プレーヤーなど、ほとんどの携帯音楽プレーヤーの音楽をFM電波でカーラジオに飛ばすことができます。

サイズW45×D12×H20mm、重さわずか37gと超軽量のコンパクトボディなので、ダッシュボードにしまうときも場所をとりません。シガーソケットから電源を供給し、ワンボタン操作のシンプル設計でかんたんに設定可能。あらかじめ設定されている4チャンネルから周波数を選択できますので、クリアな周波数帯を選ぶことができます。

PCK-FMUV

本体表面にはLEDランプを搭載。電源オン時に点灯し、オフ状態になると消灯して現在の状態を知らせます。周波数切り替えスイッチのLEDランプは、現在選択している周波数を表示。どの周波数を選択しているかをひと目で確認できます。カラーはホワイトとブラックの2色、予想価格は1780円(オープン、税込み)です。
 
 

■関連記事
アウトドア&スポーツで『iPhone』を楽しもう!『Sport Armband for iPhone』
“クリップ”してクールにハンズフリー! Bluetoothヘッドセット『Jabra CLIPPER』
ぷにぷに肉球をクリック! ふさふさネコの手を再現した『USB肉球マウス』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき