ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

9ヶ月に渡るオーディションの集大成! ゲーム実況者バンドも登場! 『Zeppに立つだけの簡単なお仕事です』本番当日特盛りレポート!

わくわくバンド

3月2日、9ヶ月に渡るオーディションの末、ついに『Zeppに立つだけの簡単なお仕事です』がZeppダイバーシティ東京にて開催された。『Zeppに立つだけの簡単なお仕事です』とは、オーディションでZepp出演を勝ち取った数々のパフォーマーと、多彩なキャラクター・巧みな話術を操るゲーム実況者が、Zeppダイバーシティ東京で織り成す夢の舞台。多数の応募者の中から生放送中のアンケート結果と、結果を踏まえた厳正なる審査を経て出場が決まった41組50名の出場者達がZeppダイバーシティ東京でパフォーマンスを披露した。

歌、演奏、ダンス、寸劇、ゲーム実況、その他諸々がステージの上で次々に繰り出されたこのイベントの模様を出来る限りお伝えしていこう。

※すべての画像をご覧になるにはガジェット通信からご覧ください。
https://getnews.jp/archives/530249

■前説~♪『TRAIN-TRAIN』/杉並区のおさだ

おさださん

duoに引き続き前説ではおさださんが登場。40過ぎの杉並区のおじさんが『TRAIN-TRAIN』を熱唱した。前回のduoでは生放送に歌声が流れない仕様となっていたのだが、今回は会場も生放送も一体となって盛り上がっていた。余談だが、おさださんの息子がパパの勇姿をニコ生で観て思わず涙したというほど魂のこもったステージで、イベント開演前の観客やニコ生を湧かせた。

でか大

♪百歌繚乱

杵家七三

Re:ply、でか大(Key)、黒兎ウル、すぴりっと、杵家七三、わた、あゆあゆっ

テーマソングとして毎回番組で流していたテーマソング『百歌繚乱』もこの日は豪華バージョンで披露。杵家七三さんの素敵な三味線とRe:plyのバンド演奏が和洋折衷といった具合に見事なハーモニーを奏でていた。ボーカルはオーディションから選ばれた中の人、黒兎ウルさんとすぴりっとさんが歌い上げ、ステージ上にはわたさんとあゆあゆっさんによる華麗なダンスが繰り広げられ、いよいよ『Zeppに立つだけの簡単なお仕事です』は開幕した。

百歌繚乱

■オープニング~PlayStation4体験プレイ

パラッパラッパー

前回、duoでも登場してくれたパラッパが再び登場。今回は『パラッパラッパー2』を実況プレイすることが発表された。また、2月に発売されたばかりのPlayStation4を会場で少しだけ紹介。Zeppの大スクリーンに映されたのは『Tomb Raider』。パフォーマーを楽しみに来た観客も見とれるほどの美しさであった。

PS4 湯豆腐

☆課長とモリ君

課長とモリ君

最初のゲーム実況者は課長とモリ君。1ステージ目ということでプレッシャーもあっただろうが、普段通りのマイペースな実況で『パラッパラッパー2』をプレイ。危なげないプレイで2つのステージを無事クリア。

♪Re:ply

こよみん

演奏してみたメドレー
(いーあるふぁんくらぶ/夜咄ディセイブ/変幻自在のマジカルスター)
Spaceship

ほぼ毎回動画を投稿してくれたRe:plyがステージに登場。duoより更にパワーアップしたパフォーマンスを大舞台Zeppで披露した。人気ボーカロイド曲2曲と『黒子のバスケ』オープニングテーマである『変幻自在のマジカルスター』の演奏してみたメドレーと、オリジナル曲『Spaceship』を披露し、Re:plyらしさが存分に発揮された見事な演奏で観客を魅了した。

1 2 3 4次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy