ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飛行甲板や弓も忠実! 『ミクロマンアーツ』×『艦これ』コラボの一航戦コンビが2014年春発売予定

m_k_a_01

着任提督(ユーザー)が150万人を突破し、テレビアニメの放映も決定しているブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』。大ブレイクを受けてさまざまなグッズが展開されていますが、タカラトミーアーツのフィギュア『ミクロマンアーツ』とのコラボレーションした正規空母・赤城&加賀の一航戦コンビが発表、塗装した赤城のサンプルモデルがお披露目されました。

m_k_a_02

1974年に誕生した関節可動フィギュア『ミクロマン』。変身するサイボーグが活躍するSF的な世界観に懐かさを感じる人もいるのではないでしょうか。
今回、タカラトミーアーツの新ブランドの『ミクロマンアーツ』として復活、その第一弾のコラボとして選ばれたのが『艦これ』人気キャラの一航戦コンビになります。

m_k_a_03

膝や肘、首など可動域が広く、自由なポージングができる『ミクロマンアーツ』。全高10cmという赤城も飛行甲板や弓などを含めて、さまざまなポーズを取ることが可能です。

m_k_a_04

弓や甲板のラインなどの芸の細かさがコレクター心をくすぐります。

m_k_a_05

今回は赤城の紹介でしたが、同じ一航戦の正規空母・加賀もラインナップ。どちらも2014年春に発売予定とのこと。絆の深い二隻なので可能ならば揃えたいところなのではないでしょうか。まだ画像彩色原型は監修中で実際の商品とは異なる可能性があり価格なども未定ですが、この出来栄えならばクオリティに期待を持ってもよさそうです。

『ミクロマンアーツ』の赤城&加賀は、2014年2月9日に幕張メッセで開催される『ワンダーフェスティバル2014[冬]』でもタカラトミーアーツのブースで展示予定。いち早く目にするチャンスなので、当日足を運ぶという人はお忘れなく。

タカラトミーアーツ (公式サイト)
http://www.takaratomy-arts.co.jp/

(C) TOMY
(C)2014 DMM.com / KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。