ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

薄氷の上のSteve Jobs

薄氷の上のSteve Jobs

今回は『株式会社ネクスト Engineer Blog』からご寄稿いただきました。

薄氷の上のSteve Jobs

Apple原理主義者であることを公言している大坪と申します。

少し昔話をしましょう。今から7年前、2007年1月9日の早朝、私は寝ぼけ眼でAppleのサイトを開きました。この日はMacWorldの初日。数時間前にSteve Jobsがキーノートスピーチを行ったはず。そしてそこでは新しい携帯電話が発表されると噂されていたからです。

Appleのサイトをあれこれクリックするうち動画があることに気が付きます。それを見た瞬間眠気はどこかに吹き飛びました。なんだこれは。動揺しつつも自分に言い聞かせます。

「いや、これはデモに違いない。実機でこんなするする動くわけがない」

そう思いながらキーノートスピーチの動画を見続ける。信じ難いことですが、Appleのサイトに載っていた「動き」がそのまま実機で-小さい携帯電話上で-動いている。

「iPhone Steve Jobs Keynote 2007」 『YouTube』
http://youtu.be/MQ_VHxD1ed0

観ているうち、頭の中に一つの考えがぐるぐる回りだしました。

「これはドレッドノート*1だ」

*1:「ドレッドノート (戦艦)」 『Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドレッドノート_(戦艦)

そう考えたのは私だけではないようです。Androidの父、Andy Rubinはその時Las Vegasで会議のため移動中でした。しかしJobsが発表したものを知ると、車を止めさせwebcastに見入ったといいます。そして言った言葉が

“Holy crap,” he said to one of his colleagues in the car. “I guess we’re not going to ship that phone.”

引用元:「The Day Google Had to ‘Start Over’ on Android – Fred Vogelstein -」 2013年12月18日 『The Atlantic』
http://www.theatlantic.com/technology/archive/2013/12/the-day-google-had-to-start-over-on-android/282479/

「なんということだ。」彼は車の中で言った。「(今開発中の)あの携帯電話を出すわけにはいかないな」

Googleは2005年からAndroidを開発していました。その時プロジェクトメンバーは一週間に60-80時間働き(はい、そこで皮肉な笑みを浮かべないように)その年の終わりまでに製品として発表する予定だったのですが。

同じくGoogleのChris DeSalvoはこう言ったそうです。

“As a consumer I was blown away. I wanted one immediately. But as a Google engineer, I thought ‘We’re going to have to start over.’”

一消費者としは、ぶっ飛ばされた思いだ。すぐにでも手に入れたい。しかしGoogleのエンジニアとしては”全部やり直しだ”

* * * * * * *

さて時は戻って2013年。Steve Jobsの命日の前日にNYタイムスにこの日のプレゼンテーションの内幕を語った記事*2が公開されました。

*2:「And Then Steve Said, ‘Let There Be an iPhone’」 2013年10月04日 『The New York Times』
http://www.nytimes.com/2013/10/06/magazine/and-then-steve-said-let-there-be-an-iphone.html?_r=1&

かなり前に発表されてますし、日本語訳もいくつかあるのですが、あまりに面白いので紹介せずにはいられない。これを読むと、私も含めた多くの人(Andy Rubinを含む)が「ぶっとぶ程の衝撃」を受けたiPhoneのデモが薄氷を踏むようなものだったことがわかります。そしてデモを支えたエンジニア達の気持ちが少し想像できるように思います。

すばらしい日本語訳はオリジナル iPhone のデビューは大きな賭けだった - iPhone 開発秘話 | maclalala2*3
にあります。ここでは私が特に興味を惹かれた点だけを訳します。

*3:「オリジナル iPhone のデビューは大きな賭けだった - iPhone 開発秘話」 2013年10月07日 『maclalala2』
http://maclalala2.wordpress.com/2013/10/07/オリジナル-iphone-のデビューは大きな賭けだった-iphone/

Jobs had been practicing for five days, yet even on the last day of rehearsals the iPhone was still randomly dropping calls, losing its Internet connection, freezing or simply shutting down.

Jobsは五日間に渡ってプレゼンのリハーサルをしていた。しかし最終日でさえiPhoneは通話を受け損なったり、ネットへの接続が切れたり、フリーズしたり単に異常終了していた。

まずここで驚くべきは、あのプレゼンのリハーサルは五日間にも渡って行われていた、ということ。良いプレゼンを行う「秘訣」についてはいろいろな議論がありますが、ある方が書いた言葉が一番真実に近いのかもしれません。

「結局練習じゃないか」

It worked fine if you sent an e-mail and then surfed the Web. If you did those things in reverse, however, it might not. Hours of trial and error had helped the iPhone team develop what engineers called “the golden path,” a specific set of tasks, performed in a specific way and order, that made the phone look as if it worked.

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。