ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バレンタインデーのお返しは30倍返しは当たり前! さらに『マイチョコ』まで

チョコレート受け取ってください お礼は30倍ね!

2月14日にようやく終息を遂げた、独り身男性にとって最大のイベント、バレンタインデーだが中には義理チョコなるものをもらった方も居るのではないだろうか。実はその義理チョコが思いのほか高く付くことが今回の調査で判明したのでガジェット通信で報告したい。

■いくらのチョコレート?
では数名の女性にチョコレートの値段について伺ってみた。本命、義理問わずに以下の以下のような結果が得られた。
・義理は一人300円から500円くらい
・お世話になっている人は1000円
・本命は2000円か3000円、有名なチョコレート
・チョコレートを渡すときに結局彼氏にご飯おごってもらうから奮発して3000円
・相手に気を遣わせちゃうので本命でも1000円から2000円かな

など値段には幅があるが最高でも3000円だという。ただし2000円以上は本命に限ることが条件だ。義理だと数百円レベルが妥当らしい。

■お礼は?
今度はお礼はどれくらい期待するのかを同じ女性に聞いてみた。
・ホワイトデー=クッキーというのはやめてほしい
・いつも靴やバッグ買ってもらってます
・去年はおねだりして指輪買ってもらった 30倍くらいにして返して欲しい
・ホワイトデーも食事に連れて行ってもらう予定!
・心がこもってれば値段なんて気にしないかな お礼なしでも良いかも

エビでタイを釣るってまさにこのことの様だ。中にはお礼は気にしないという女性もいるようだがそれはごく少数なようだ。さてそんなバレンタインデーだが更に踏み込んだ調査をしてみた。それはチョコレートをあげる基準についてだ。同僚にあげるとしてもどの程度の人まであげればいいのかという判断が分からないので女性陣に聞いてみたぞ。

■チョコレートをあげる基準は?
・彼氏はもちろん仕事でお世話になっている人
・友達、同僚、彼氏ですね。チョコそのものは安いので負担にならないです。
・義理を含めるとけっこうあげます。お礼も期待できますし。
・同僚の男性だけでなく女性にもあげますよ。「トモチョコ」っていうんですよ。
・お世話になった方にはあげたいですね。大変ですけど。

お世話になってる人にあげるのが基準だとか。もちろん義理前提だ。またお礼を期待してチョコレートをあげる人もいるらしいぞ。更には女性が女性にチョコレートをあげる『トモチョコ』をあげる人までいるとか。あと上記には記載がないが自分へのご褒美として『マイチョコ』を買う人もいるらしい。バレンタインも『トモチョコ』、『マイチョコ』ときたら来年は何が来るのだろうか。

今年は『エアチョコ』しか貰えなかった記者でした。

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy