ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レトロゲームを遊んで『Twitter』に集うプレイイベント『れとげのまち』とは?

retomachi

子どものころ、友だちの家に集まってワイワイとゲームを遊んだ楽しさを再現しようというゲームプレイイベント『れとげのまち』(以下『れとまち』)が、正式に第1回の開催を発表しました。プレイするゲームのお題は、1989年にファミリーコンピュータ用に発売された『MOTHER』(任天堂)。開催期間は2月13日(土)10時から2月28日(日)22時までとアナウンスされています。

『れとまち』は、期間中に参加者が一斉にお題のレトロゲームを遊んで、ミニブログ『Twitter』にハッシュタグ「#retomachi」付きでコメントを書き込むだけで参加できるユーザー主催イベント。ハッシュタグとは、『Twitter』上で「#」以下のキーワードを検索して関連情報を見やすくする機能のこと。参加者は、『Twitter』上で「#retomachi」のハッシュタグをクリックすると、参加者の「今レベル22」「王子が仲間になったとこ。次なにしていいかわからない」といった書き込みが一覧できるようになります。ゲームの進捗別に情報を分類するために、「#retomachi_LV1」「#retomachi_LV2」とレベル別にハッシュタグを付ける方法で参加することもできます。

1月には、実験的に第0回がお題『ファイナルファンタジー』(スクウェア・エニックス)で開催され、128人のプレイヤーが参加。期間中に5182回の書き込みがありました。『れとまち』公式サイトでは、第1回へ参加を予定しているプレイヤーのアンケートを実施、2月10日現在で129人が参加を予定しているそうです。「参加したい!」と思った読者は、ファミコンかゲームボーイアドバンスと『MOTHER』のカセットを用意して週末を待ちましょう。残念ながら『MOTHER』は、Wiiの『バーチャルコンソール』で配信されていません。持っていない方は明日の祝日、秋葉原の中古ゲームショップをチェックしてみるのもよいかもしれません。

『れとげのまち』公式サイト

■関連記事
48時間以内に『オプーナ』を移植する『むりげー』第6回!作品発表イベント『超むりげー』も開催
コントローラー&サウンドで“脳内ファミコン”をプレイ!『妄想コントローラ』
PSPによく似たファミコンエミュレータ機 Pocket Boy をさわってみた

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。