ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 日本のインディーゲームシーンをテーマにしたドキュメンタリー映画『Branching Paths』が7月29日にデジタル配信開始
  • 「メイス・ウィンドゥがキングコングと戦ったら……」 サミュエル・L・ジャクソンの妄想炸裂インタビュー
  • インド映画ブームに新たな流れ! 本格的サスペンス『女神は二度微笑む』アーミル・カーンも絶賛
  • 名優トミー・リー・ジョーンズがデ・ニーロとの初共演の喜びを語る!
  • 【2016年秋映画】泣ける良作から3D&4Dアクション大作まで勢揃い
  • 映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』橋本環奈インタビュー “天使過ぎる組長”役で映画初主演
  • 【動画】スカーレット・ヨハンソン、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のティーザーでマスクを取る
  • 「エンドロールまで気がつかなかった」映画『シンデレラ』の王子を演じた城田優が好評!
  • 世界的ヒット作が中国では未公開に 監督「残念だがいつか観てもらえると願っている」
  • 映画『海月姫』本日公開! 掲載誌『Kiss』は『海月姫』『東京タラレバ娘』同時掲載の”東村アキコ祭り”
  • 【動画】アイアンマンとキャップが遂に対立! 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』特報
  • 【衝撃】ドラゴンボールで死んでない地球人の主要キャラクターはミスターサタンだけ(笑)!
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/2/12号:ナゲット食べたらゾンビになっちゃった!『ゾンビスクール!』[ホラー通信]
  • 特典が続々追加される未来の映画の楽しみ方! ディズニー「MovieNEX」ってどんなサービス?
  • 『さよなら歌舞伎町』廣木監督インタビュー「前田敦子は元アイドルだけど度胸がある」
  • ブライアン・クランストンとケヴィン・ハート、ハリウッドリメイク版映画『最強のふたり』に出演交渉中

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

超大型巨人に剣を刺せ! 「痛くないの?どんな感じ?」ってハンジごっこもいいよね

今年一番の話題となったアニメ作品といえば、やはり「進撃の巨人」ではないでしょうか。さまざまな商品が展開される中、誰もが知っている人気のおもちゃとのコラボレーション商品が登場。家でも巨人と戦うことが出来る? 進撃の巨人×黒ひげ危機一発コラボレーションの『超大型巨人 危機一発』が2014年3月28日に発売します。

突如現れた超大型巨人によって、樽は破られた! 兵団は今立ち上がり、怨敵に向かう。劇中の“壁から覗いている”イメージで、樽から頭を覗かせる超大型巨人。侵略される前に撃退せよ! 

壁をイメージした樽に貼って、あの名場面や戦いを再現できるシール付き。遊び方は通常の「黒ひげ危機一髪」同様、樽に短剣を刺し、中の「超大型巨人」を飛び出させるもの。誰が「超大型巨人」を飛ばすかをハラハラドキドキしながら楽しめる、誰もが参加できるパーティーゲームです。

しかも樽に突き刺す付属の剣は、調査兵団が巨人を倒す際に使用する“超硬質ブレード”をモチーフにしており、更に気持ちを盛り上げます。 「駆逐してやるっ!」と叫びながら、みんなで調査兵団の一員になった気分で剣を刺し楽しみたいです。通常の「黒ひげ危機一髪」は飛ばしてしまった人が負けですが、この場合、“討伐した英雄”ということで、巨人を飛ばした人が勝ちというのも面白いかも。
または“ハンジ”のように、「ほら……心臓に刺さってるよ。痛くないの? どんな感じ?」などと巨人での実験風景を想像して遊ぶこともできるのでは。
「進撃の巨人」の世界をイメージし、遊び方も広がる本商品。さあみんなで巨人に立ち向かえ!

【進撃の巨人 「超大型巨人 危機一発」】
商品価格:2,625円(税込、税5%)
商品サイズ:(W)150mm×(H)230㎜×(D)150mm(パッケージサイズ)
商品内容:タル×1 超大型巨人人形×1 調査兵団の剣×24本(色違い各12本) ユーザーシール×1枚 
取扱い場所 : タカラトミーモール(タカラトミー公式ショッピングサイト)
発売日:2014年3月28日(木)発売予定
※パッケージサイズ、商品内容は変更の可能性がございます。

タカラトミーモールにて予約受付中 http://takaratomymall.jp/special/shingeki/

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 (C)TOMY

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき