ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アナと雪の女王』の各言語に合わせた自然な口の動きって一体どうやってるの?
  • 細田守監督最新作『未来のミライ』特報映像が趣味全開だと話題「ほんとにケモノ好きだな」
  • 川勝正幸さん突然の死去に悲しみの声相次ぐ
  • 『トランスポーター イグニション』新生マーティンに直撃「僕はオタクで世界中でコミックを買い漁ってるんだ!」
  • 劇場アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス SS』現在・過去・未来……3つの物語が交錯する予告映像解禁
  • 【動画】アニメ映画『Moana(原題)』のティザーが初公開、主人公のプリンセスはドゥエイン・ジョンソン演じるマウイに無関心の様子
  • 米ユニバーサル・ピクチャーズ、往年のモンスター映画のリバイバル第3弾を2019年に公開へ
  • 館内ナレーションは豪華声優陣によるオリジナル台本! 大阪MOVIX堺で「銀河英雄伝説」オールナイト上映会開催決定!
  • デヴィッド・フィンチャー最新作『ゴーン・ガール』がNY映画祭で絶賛の嵐 早くもアカデミー賞の本命に名乗り
  • 【動画】ヒュー・ジャックマン主演の最後のウルヴァリン映画『ローガン』、ファースト・トレーラーが公開
  • 3D映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』をより楽しく観るための予備知識
  • SWエピソード8の邦題は『最後のジェダイ』に決定 斜め上をいくネットのハズレ予想をチェック
  • サム・メンデス監督、ジェームズ・ボンド次回作には参加しないと語る
  • 『パージ:大統領令』独占本編映像 “殺人し放題”の夜、通行人はすべて自分たちを狙っている……[ホラー通信]
  • 花嫁衣装で1000円に! 仮装歓迎の夜通しホラー映画上映『ハロウィン ホラーオールナイト』開催[ホラー通信]
  • 全米で大ヒットスタートの映画『デッドプール』、ライアン・レイノルズとコミック原作のR指定映画は、どのように復活を遂げたのか

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キングソフトがAndroid向けにRSSリーダーアプリ「Feetr」をリリース

キングソフトは9月26日、独自のフィルター機能と専用サイトからRSSフィードをダウンロードできる機能ヲ特徴としたAndroid向けのRSSリーダーアプリ「Feetr(フィーター)」をリリースしました。アプリは無料版と有料版(420円)があり、有料版は9月26日-10月26日までの期間限定で特別価格99円で販売中です。Feetrは、ニュースやブログのRSSフィードを購読し、記事を閲覧できるRSSリーダーアプリ。Feedlyや今は亡きGoogleリーダーのようにマルチプラットフォーム化は行われておらず、購読したRSSフィードはアプリ内で管理することになります。Feetrの特徴としては、任意のテーマでグループ化したRSSフィードに対してカスタマイズ可能なフィルターを適用し、表示される記事をより自分好みにできるところと、RSSフィードやグループを専用のWEBサイトを通じて入手できるところです。フィルターは投稿時間、ツイート数、特定キーワードを“含む”または“除く”を組み合わせて適用することができます。専用のWEBサイトは「Feed Pool」と呼ばれており、そこではテーマ別にグループ化されたRSSフィードを一括でダウンロードできます。アプリトップのメイン画面にはRSSフィードがグループで表示され、左右へのスワイプ操作で切り替わります。メイン画面は、無料版では最大4つ、有料版では無制限に設置することができます。各画面には復数のRSSフィードを登録することが可能で、無料版では最大10つ、有料版では無制限に追加できます。記事はリストビューまたはカードビューを選択可能。フィルターはメイン画面ごとに設定できます。「Feetr」(Google Playストア)Source : キングソフト



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1のWalkmanアプリではMusic Unlimitedの音楽をストリーミング/オフラインで再生したり検索できたりする
HTC Oneブルーバージョン、台湾では10月1日に発売
ASUS未発表のTransformer Padかもしれない「ASUS Pad TF502T」がFCCの認証を取得

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。