ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『PlayStation 4』の発売日発表で公式ブログが炎上 「なんで年末商戦逃すんだ」「TGSで発売日を変更しろ」の声

昨日行われた『SCEJA Press Conference 2013』で発表された『PlayStation 4』の価格と発売日。海外では既に11月発売と決まっており国内でもその近辺の発売日になるだろうと思われていたが、いざ発表されてみると2014年2月22日という他国よりも3か月遅れた発売日である。まさかのクリスマス商戦を逃すという事態に国内ユーザーは困惑。

そのユーザーの不満が公式ブログにも多数書き込まれ炎上しているのだ。そんな数々の声をピックアップしてみた。

・なんで年末商戦逃すんだ 何考えてんだ一体
・東京ゲームショウで発売日の発表撤回して欲しい 2月末は遅すぎ せめて12月にしろよ各国の発売日と同じで
・1,2週間ならともかく、3か月も待たされるのは酷いなぁ。
・しょうがないと擁護してる奴はアホか? 馬鹿にされてんだぞ日本 コスタリカより遅いんだぞ
・しかもナックとかいらねー 和ゲーのために発売遅くしたのに洋ゲー同梱とか意味ワカランわ
・さすがに遅すぎだと思います。 ロンチタイトルがそろわないから発売しないのは理由にならないと思います。
・日本ユーザのプライオリティ下げた結末だよね。
・国内軽視で低サービス化しないことを願うばかりです
・また殿様商売するのかなぁ。それで失敗したのに
・出だしからこれですからね。この会社が日本のユーザーに対してどのような目線で見ているのかがよくわかる。
・海外タイトルのローカライズに時間がかかるとかいう理由は嘘ですね。CODゴースト他多くのタイトルのPS3版は日本でも年内に発売されるわけですから。
・TGSで発売日を変更しろう、無能集団よ
・これドッキリだよね? 東京ゲームショウでネタばらしするよね?

などの厳しい声が挙がっている。上記の書き込みは本の一部でこれら以外にも書き込みはまだまだある。しかし中には「延期は仕方ない」という意見も少なからず挙がっている。焦って発売したら『PlayStation 3』のときのようにソフトが無いと文句を言われるだけである。どっちに転んでも文句を言われるSCEI。
またソフトが出そろっていないのを理由としていたが、『PlayStation 4』本体の生産が間に合わないのも理由の1つとしている。どうやら海外での販売を優先したようだ。
今回の決断は正しかったのだろうか。

素晴らしいハードに期待が高まっていただけに、来年発売と発表されてガッカリしたユーザーが多かったのは事実のようだ。

『SCEJA Press Conference 2013』を終えて~SCEJAプレジデント 河野弘からのメッセージ
『SCEJA Press Conference 2013』で『PlayStation 4』の発売日と価格が発表される! 2014年2月22日で3万9980円

※画像はプレコミュ公式ブログより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。