ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「情報の取り過ぎ」に注意! 必要な情報だけを手に入れる方法

「情報の取り過ぎ」に注意! 必要な情報だけを手に入れる方法
 インターネットの普及によって、私たちの生活はとても便利なものとなった。わからないことがあれば検索すれば大抵のことはわかるし、ニュースサイトでは政治・経済、時事、スポーツ、ゴシップなど、リアルタイムに得ることのできる情報は凄まじい量だ。
 しかし、そんな便利な時代にも落とし穴がある。それは「情報の取り過ぎ」だ。

 『人の話は9割聞くな』(おちまさと/著、徳間書店/刊)では、膨大な情報から自分に必要なものだけを、うまく取り出すための方法を紹介する。

 ひと昔前のサラリーマンは、「情報は取りに行け!」とハッパをかけられたという。新聞や専門誌を熟読してみたり、本屋をハシゴしたり。わざわざ時間をつくって出掛けて行かなければならなかった。人から情報を得るための人脈づくりにも、手間と時間がかかった。異業種交流会、セミナーなどに出向き、顔と名前を売り込むのに一生懸命だった。
 それが今では、パソコンやスマホを開くだけで、有益な情報は向こうからどんどん流れてくる。人脈もFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを使えば、異業種の人や有名人、世界中の人と簡単につながることができるようになった。

 しかし、膨大な情報量の中には、自分に必要なものと必要のないものが当然ある。いかに、必要な情報を絞って手に入れるか。情報の取り過ぎにならない為にも、情報を抽出する力が必要だ。
 そのためには、まず、自分は何がしたいのか。背骨をしっかりつくることだ。流行を追いかけたりせず、信念を持って同じことをブレずにやっている人は強い。そして、自分にとって大切な情報かどうか見極めるには、常にフラットな自分でいることも大切だ。必要以上に頭がいいと思われようとしたり、必要以上に「出世してやる!」と張り切ったりしないで、「80%な感じ」でいると、自然と自分に必要な情報が取れるというのだ。
 ただ、フラットな状態でいるというのは、なかなか難しい。情報に振り回されて、一喜一憂してしまうこともあるはずだ。そんな時は「なるようになるさ」くらいの気の持ちようで物事をとらえる。気を楽にして生きたほうが、フラットに生きられるし、結果として、自分の背骨に合った情報だけを仕入れることができるのだ。

 インターネットは便利な反面、膨大な情報量、不確かな情報など、マイナス面もある。情報に振り回されないためにも、自分に必要な情報だけを見極める力を養う必要があるのではないだろうか。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
膨大な情報から「いい情報をつかむ」ために心がけたい3つのポイント
現代人の“情報との向き合い方”
「自分の頭で考えられる人」がハマる動画番組

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。