ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

組み立てて作るピンホールカメラ『クマサンゴ』『ネコサンゴ』

kumaneko

鈴木廻漕問屋は、動物をモチーフにした組み立て式ピンホールカメラ『クマサンゴ』と『ネコサンゴ』を12月7日に発売します。同社代理店や直販サイト『鈴木商店オンラインストア』から販売し、価格は1785円(税込み)です。

ピンホールカメラは、レンズの代わりに針穴が開いたカメラ。すべてにピントが合ったパンフォーカスで、やわらかな写りになるのが特徴。一般的にピンホールカメラやトイカメラではブローニーフィルム(120フィルム)を利用しますが、『クマサンゴ』と『ネコサンゴ』は一般的な135フィルムを利用できます。

いずれも本体には印象的な動物の顔がデザインされており、鼻の部分のシャッターを上げて撮影します。『ネコサンゴ』はシャッターを上げると「シャーッ!」と怒ってるように見えなくもない?三脚台に手持ちの三脚を取り付ければ、撮影のブレを軽減することもできます。

紙製の本体は40分から1時間で組み立てができ、製作が難しいピンホール部分は専用のシートを貼り付けるだけで完成します。巻き上げ部分や三脚台にはプラスチック部品を使用し、強度は十分。アクセサリーをつけてカスタマイズするのも楽しそうです。

『クマサンゴ』『ネコサンゴ』仕様
サイズ:W110×D32×H70mm
重量:75g
使用フイルム:135フイルム
ピンホール穴径:0.16mm
焦点距離:20mm
明るさ:F=130
材質:紙製、ABS樹脂
付属品:ポーチ、チャーム

■関連記事
【ガジェット博物館 vol.1】カメラは小さな『部屋』から始まった:日本カメラ博物館
『OLYMPUS PEN E-P1』でトイカメラ風写真を撮って遊んでみた!【下北沢】
進化を拒むトイカメラ『VQ1015』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき