iPhoneどっかに忘れちゃった! でもたぶん大丈夫です

access_time create folderエンタメ ガジェ通 デジタル・IT
iphone2

iPhoneどっかに置いてきちゃった! なくしちゃった! 忘れてきちゃった! どこにあるのか検討もつかない! もう人生終わりだ~! なんて人、たくさんいるのではないだろうか? iPhoneは普通のケータイよりやれることが多い分、紛失したときのショックはかなり大きい。

そんなトラブルを回避するために、『Mobile ME』に登録することを強くオススメする。『Mobile ME』はiPhoneの付加サービスのひとつで、いろいろと便利な機能がパックになっているのだが、そのなかでも嬉しい機能が「iPhoneの探索とリモートワイプ」という機能。

「iPhoneの探索とリモートワイプ」は「iPhoneなくしちゃった!」という時や「盗まれちゃった!」という時に非常に重宝するのだ。なんと、iPhoneがどこにあるか、わかっちゃうのである! 飲んでいるうちにどこかで落としちゃったとしても、何軒目に寄った居酒屋で落としたのか、だいたいの場所がわかっちゃうわけだ。

・iPhoneを探索
iPhoneが今どこにあるのか、けっこう正確な位置まで表示してくれる。実際に東京都新宿区内で実験してみたところ、実際にiPhoneがある場所から半径10メートル範囲を地図上で示し、「ここにありまっせ!」と教えてくれた。これはかなりいい! 特に盗難された場合は心強い味方となる。

・メッセージでお願い&警告
iPhoneの画面上にメッセージを掲載することができる。どこかに忘れてきたなら手にした人や拾った人にメッセージを送り、保管するようにお願いをしたり、連絡先をメッセージに書いて届けてもらうことも可能だ。また、音を鳴らすこともできるので、「iPhoneを探索」の機能を使ってだいたいの位置を調べたのち、iPhoneの近くで音を鳴らせば、どこにiPhoneがあるかわかりやすくなる。盗まれた場合は警告文を書いて送信もできる。まあ、盗まれた時点で、メッセージより下記の機能を使用したほうがいいだろうが。

・あとからパスワード
iPhoneにパスワードをかけていない状態で、なくしたり忘れたり盗られたりした場合、手元にiPhoneがなくてもパスワードをかけて中身を見られなくすることができる。家にiPhoneを忘れてしまった場合、家族にiPhoneの中身を盗み読みされたくないときにも使える機能だ。

・削除削除削除!
リモートコントロールでiPhoneの中身を完全消去することができる。とにかく中身を見られたくない! そんなときはこの「モートワイプ」機能を使うといいだろう。

もちろん、iPhoneに対して上記の機能を反映させるには、iPhoneの電源がオンになっている必要がある。また、ケータイの電波や無線LANに接続している必要もあるため、電波のない場所にあるiPhoneには無意味な機能だ。

この記事は記事広告ではないのであしからず。あまりに便利でおもしろい機能だったため、紹介しただけである。ガジェット通信編集部が強くオススメする機能『Mobile ME』をぜひお試しあれ。ちなみに、現在は60日間無料で体験できるという。通常は、年間9,800円の使用料金がかかる。

■最近の注目記事
iPhoneどっかに忘れちゃった! でもたぶん大丈夫です
【1000人に聞きました】FF13はファミ通のクロスレビューで何点とれる?FF13
マジコンの歴史を振り返る ~スーパーファミコン編~
ブチギレ息子とブチギレママの壮絶バトル動画に注目が集まる
有名ゲーム店「ゲームボーイミクロと同じ香りがしてきたPSPgo」と発言

access_time create folderエンタメ ガジェ通 デジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧