ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【緊急インタビュー『万年野党』について】理事・岸博幸氏(慶応義塾大学院教授)「政治家の方々に深く反省をして欲しいと思います」

【緊急インタビュー『万年野党』について】理事・岸博幸氏(慶応義塾大学院教授)「政治家の方々に深く反省をして欲しいと思います」

先日も『ガジェット通信』でお伝えいたしました『非営利法人 万年野党』の設立について、詳しくお話を伺ってまいりました。その内容についての全文を書き起こしでご紹介いたします。

書き起こし

記者:先日2013年7月3日に発表された『非営利法人 万年野党』の設立について、理事をしていらっしゃいます慶應義塾大学院教授の岸博幸さんにお話を伺ってまいりたいと思います。

まずはこの、とっても耳慣れない『万年野党』というネーミングなのですが、どういった経緯でこの名前になったのかをお伺いしたいのですが。

岸氏:ひと言でいえば「やりたい活動を一番端的にあらわしている名前が『万年野党』だな」ということで、関係者間の協議でこの名前になりました。つまり、今の政策・政府をめぐる問題を考えた場合に、一番の問題はこの「政府とか政策をしっかり“外部が監視”をしないといけない」で、その本来の役目は、メディアが果たすべきなので実際、アメリカではメディアの役割は“ウォッチドッグ”つまり権力の監視という意味があるのですが、日本のマスメディアはその役割を果たしていない。

そしてもう1つ大事な政治の側、『野党』が、やはりそういう役目を果たすべきなのですが、これも残念ながら権力闘争ばかりで政府や政策の“権力者”の監督というのはやっていないと。そういう、アメリカ的には“ウォッチドッグ”の役目を担う組織は日本には無いので、それを「この『万年野党』という組織でやっていこう」という、そういう気持ちがこの言葉(『万年野党』)に現れているのです。

記者:(仮称)となっているのですが、現在は正式な名前について何か案はでていらっしゃいますか?

岸氏:当然いろいろな議論はあります。それは、『政策監視会議』という堅い名前もありますし、ほかにもいろいろと候補があるのですが、少なくとも私はこの『万年野党』という言葉が一番この組織の活動目標を端的にあらわしているのではないのかな、と。

『万年野党』つまり「与党になって権限が欲しい」とか、そういう訳ではないと。常に監視をして文句を付けていくのだと。間違ったことを直すのだ、という気持ちが込めてありますので、そういう意味では個人的に『万年野党』という名前が一番使われるべきなのかな、と、思っております。

記者:メンバーの方々なのですが、かなりいろいろと有名な方々が集まってらっしゃるのですが、どのように集まったのですか?

岸氏:これ(『万年野党』)をやろうという声がけをする過程で、この趣旨に賛同してくれた人がこのメンバー「会長(田原総一朗氏)」「理事長(宮内義彦氏)」「アドバイザリーボード(草刈隆郎氏)(竹中平蔵氏)(冨山和彦氏)」に入ってくれていますけれども、結果的にいわゆる今までの政策の議論において一番の“改革派”呼ばれた人ばかりになっていますよね。

会長が田原総一朗さんですから、この人は今までマスメディアの中でも一番権力の監視「権力にケンカを売る」ということをやってきましたので、そういった意味では『万年野党』というこの名前を一番“体現した人・している人”ではないかと思いますし、更に言えば理事長のオリックスの宮内会長、この方はまさに『小泉(内閣)時代』規制改革会議を通じて、この日本の権力に対して問題提起してきた方ですね。

他のアドバイザリーポードも、草刈さんこの方は宮内さんのあと、規制改革会議の議長をやられていますし、竹中平蔵これはもうご存知ですよね、『小泉・構造改革』で『既得権益』に切り込んだ人間。で、高橋洋一、これは「財務省にずっとケンカを売っている人間」。冨山和彦、この人はかつて『産業再生機構』というところで、カネボウやダイエーの再生をして、ある意味では「役所と闘って」ダイエーを再生するときには「経済産業省と闘ってきた人間」そういう、まさにこれまで権力と闘ってきた人間ばかりが集まっていますので『万年野党』に相応しいメンバーではないかと思います。

記者:先ほども少しお話があったのですが、“政権を取ることに拘っている野党”についてどのようにお考えになっているか伺ってよろしいでしょうか?

岸氏:なんといいますか、本来、野党というのは大事な役割があるのですよね。それは与党、つまり政府の側に入った政治家が、結果的に“権力の側ゆえの『既得権益』的な行為をする”これを本来は「牽制する」「問題を指摘する」「正しい方向性を言う」のが野党の役割なのですけれど、まあ、残念ながら今の民主党が典型例で、そもそも民主党は政権を持っている間も何も大したことはしていませんでしたが、野党に転落して“本来その反省・及び与党時代の経験を踏まえて”正しい主張・行動をすべきなのに結局“権力闘争”ばかりで、このまえの国会でも『電気事業改正法案』『発送電分離』などの大事な内容、民主党が言っていた内容も入っている。でも結局それを、“政争”を優先して、「総理の問責決議」を出すのを優先してしまって、「大事な法案を潰してしまう」こういうダメな野党は本来の“野党たるファンクション”を果たしていませんから、「こういう“ダメ野党”が政治の世界にいるからこそ、外部の民間で“民間の野党”『万年野党』がしっかりとした活動をするのが大事ではないか」と思っております。 

記者:『アベノミクス』についてなのですが、現在の評価を点数で言うと何点くらいになりますか?

岸氏:点数で言えば、『三本の矢』というのがありますが、簡単に言えば最初の「金融緩和」一本目が100点満点で、二本目の「財政出動」が70点と、2つとも合格点。で「成長戦略」が40点まあ、これは落第点です。そういう意味で全体を通して言えば、今のところ50点くらいボーダーラインぎりぎりで「成長戦略」に関して追試、つまり秋から「成長戦略の第2弾」がありますので、これでどれだけ「ちゃんとした合格点」がとれるかで、『アベノミクス』の評価というのが決まるのかな、と思っています。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy