ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

市橋容疑者の取材でTBS『朝ズバ』スタッフ公務執行妨害で逮捕

asazuba

千葉県市川市のマンションで、イギリス人英会話講師のリンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害したとして逮捕された市橋達也容疑者。11月10日に大阪府内のフェリー乗り場で逮捕された市橋容疑者は新幹線で都内に入り、千葉県の行徳警察署に移動した。

そして12日午前、行徳警察署は死体遺棄容疑で市橋容疑者を千葉地検に送検することになったのだが、警察署から市橋容疑者を乗せた自動車が出た際、とんでもない事態が発生した。TBSの人気報道番組『みのもんたの朝ズバッ!』スタッフが、警察官の制止を振り切り、ハンディビデオカメラを片手に自動車を追いかけ出したのだ。

もちろん、『みのもんたの朝ズバッ!』スタッフはその場で現行犯逮捕。まさか容疑者を取材にきて自分が逮捕されることになるとは思わなかっただろう。しかし、本当にTBSのスタッフがそんなことをするのか? この情報は産経ニュースにしか掲載されていないため、事実確認のためTBSに取材をする必要があるのでは?

ということで、ガジェット通信編集部がTBSの『みのもんたの朝ズバッ!』編集局に取材をしたところ、「確かに逮捕されたのはこちらのスタッフです。スタッフはまだ行徳警察署にいるようで、こっち(TBS)に戻ってきてないんですね。なので、こちらも事態をこれから把握していくといった状態です」との返答を得ることができた。どうやら逮捕されたのは事実のようだ。

また、『みのもんたの朝ズバッ!』編集局自体が逮捕の経緯を把握していないことから「スタッフの処分に関しても何も決まってない」という。

市橋容疑者に対する報道が過熱している状態だというのは、テレビを観ている視聴者なら誰でも気がついていることだとは思うが、警察官の制止を振り切ってまで取材をするというのはやりすぎだ。ましてや、『みのもんたの朝ズバ!』はTBSの人気番組のひとつであり、そこのスタッフならば当然モラルを持って取材していると思っていたのだが……。

■最近の注目記事
市橋容疑者の送検時にTBS『朝ズバ』スタッフ公務執行妨害で逮捕
このインターネット時代に手帳とかありえない! ホリエモンは手帳否定派
『サブウェイ』のスタッフがやってる『Twitter』がおもしろい!
『アハ体験』脳科学者・茂木氏「アハ脱税」で追徴1億6000万円!
『ジョジョ』荒木飛呂彦先生の奥さま・荒木麻美さん講演会開催!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき