ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天才のスリーウェイハンドシェイク

天才のスリーウェイハンドシェイク

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

天才のスリーウェイハンドシェイク

スリーウェイハンドシェイクというのはTCP/IPのコネクションを張る基本的な手順。相手→自分、自分→相手、相手→自分という3ステップで接続が確立される。

いきなり話は変わるけれど「こち亀」の何かのエピソードで両さんが麗子に、アニメオタクを装うレクチャーをしていた。ぺらぺら設定のうんちくを語るのは初心者で、その道を極めた人間は、そんなものは知ってて当たり前だから語らない。一言「アオ、いいよね」「うん、いい」で、お互い通じるのだ、と。

「この爆発シーンはマニアの間でも評価が高い」と。しかし「え?爆発がどうしたの?」とまったく理解できない。両さんは「おまえに理解するのは無理、丸暗記しろ」と。

   *   *   *

プログラミングとかで、達人クラスになると、一見初心者と言ってることが見分けがつかない場面がある。基礎的なことを否定した発言をしたりする。んでいぶかしがりながらも、「え~と、その場合~ですよね」と、やんわりと否定する。それに対して返ってくる言葉が決まる。「やっぱただのアホか」になるか、
「そういう境地の話をしてるのね」となるか。

そういう境地というのは、既存のセオリーに従うのではなく、セオリーとされるものをもう一度疑い直し、新たなセオリーの構築を模索しているような段階。

で、まあそれを逆にこちらが読み取れないと、相手から自分がバカだと思われるわけだ。お互い同じレベルだと認め合うと、そこから会話が始まる。

   *   *   *

TCP/IPのスリーウェイハンドシェイクは、よく出来ているのだけど1往復半かかるので、効率の点で改良の余地がある。コネクションが確立されることを見越して、最初からデータも送ってしまおうという改良がある。コネクションの確立に失敗したら送ったデータは無駄になるけれど、たいていは成功するはず、と。

人間同士が口頭で会話している場合は、やりとりの往復時間は極めて短い。しかしネット越しの場合は、それよりはラグ(遅延)があるので、TCP/IPの場合と同じように往復時間がネックになる。

最初のパケットに、送りたいデータを載せてしまった方がいい。つまり常識はずれの話をする場合、「ただの常識がないバカ」なのか「常識を突き抜けた達人」なのか判断できる情報を、最初の発言に載せておきましょう、という話。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年07月08日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。