ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネット党首討論会(2013年6月28日)全文書き起こし(4/4) テーマ「各党代表ユーザー指名質問」~エンディング

 参議院議員選挙(2013年7月4日公示・21日投開票)に先駆けた6月28日夜、東京・六本木のニコファーレで主要政党の代表者が集まった「ネット党首討論会」が開催された。

 登壇者は以下の通り(※国会の議席数順)。

自由民主党 安倍晋三 総裁
民主党 海江田万里 代表
日本維新の会 橋下徹 代表(欠席)
公明党 山口那津男 代表
みんなの党 渡辺喜美 代表
生活の党 小沢一郎 代表
日本共産党 志位和夫 委員長
社会民主党 福島みずほ 党首
みどりの風 谷岡郁子 代表

 このニュースでは本討論会の内容のうち、「各党代表ユーザー指名質問」~エンディングをテーマとした討論を全文書き起こして紹介する。(発言者敬称略)

・ネット党首討論会(2013年6月28日)全文書き起こし(3/4)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw671221

・[ニコニコ生放送]ネット党首討論会・「各党代表ユーザー指名質問」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv142315925?po=newsgetnews&ref=news#0:58:26

・[ニコニコ生放送]ネット党首討論会・エンディングから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv142315925?po=newsgetnews&ref=news#1:24:40

角谷:続いての企画です。

 続いては、事前にユーザーから各党の代表あてに質問を募集しております。それに答えていただきたいと思います。で、答えていただく質問は、たくさん皆さんからいただいたものを整理して大きく分けました。4つに分けた物を、本日19時から19時半までアンケートを取って「この中で、これを聞いて欲しい」という物を選びました。これは各党の党首にお答えいただくコーナーです。各党、1分半ということで少し多く時間を取ってあります。ここでは、質問の順番は議席数の多い順となっております。それでは、安倍総裁からいきたいと思います。

■自民党・民主党による「各党代表ユーザー指名質問」についての回答

「自民党の規制緩和は産業に対するものばかりで、国民の生活への規制はむしろ強化されているように感じます。高速バスの規制による価格上昇、風俗法によるクラブでの摘発、児童ポルノ禁止法改定案など強い閉塞感を感じます。国民の生活の規制緩和についてどうお考えでしょうか」

 石川県の30代の男性からです。安倍さん、お願いします。

自民党・安倍:児童ポルノ禁止法はですね、飽くまでも子供たちをポルノ産業から守るための法律であって、それが全てといってもいいと思います。もちろん、表現の自由は守っていかなければならないものであります。まずはこうして、子供達をしっかり守っていくということが大切ではないか、それが私たちの役割、責任なんだろうと、こう思っています。

角谷:じゃあ規制緩和の問題としてはそれでよろしいですか? 規制緩和は産業に対するものばかりで、国民の生活への規制になっているんじゃないか、ということですが。

自民党・安倍:今、(児童)ポルノについて個別の質問がありましたので、いわばそういう必要な規制はしていくべきなんだろうなと。国民の生活や命を守るもの。また人権を守るものに関しては、規制していくのは当然なんだろうと、このように思います。

角谷:では続きます。続いては、海江田さんの方に質問があります。

「海江田代表に質問します。民主党時代は1ドル78円台、日経平均株価8000円台まで落ち込んでいました。民主党はアベノミクスを公に批判していますが、円高株安のほうが良いとお考えでしょうか?(男性 愛知県 30代)」

愛知県の30代の男性からの質問です。海江田さん、お願いします。

民主党・海江田:そんなことは全く考えていません。行き過ぎた円高、それから行き過ぎた株安というのは、これはやっぱり直さなければいけないということであります。

 ですから、私どもも政権与党の時から、例えば行き過ぎた円高に対してはですね、これは例えば、日銀の金融緩和をずっと主張してきました。ただ、安倍政権になってからのような、異次元の金融緩和ということは、私どもは主張をしておりませんでした。

 それは飽くまでもですね、これは産業界にとってもそうですけれども、急激な円安、これは円高ももちろんそうでありますけれども、為替の市場というような、急激にかた一方に動くというのは、非常に迷惑な話でありまして。それから株高についても、ジェットコースターみたいな相場というのは良くないわけでありますから、やっぱり順調に上がっていかなければいけない。

 順調に上がっていくためにはどうすればいいのかというと、これはやっぱり企業が安定的に収益をですね、上げていくことが必要なわけでありまして。やっぱり私たちは持続する経済成長、持続する景気回復ということを、かねてから主張していました。

 今の安倍政権の経済政策は、確かに打ち上げ花火的に、いっとき良くなるかもしれませんけれども、その後本当に持続するのかということに、大きなやっぱり疑問符がついているということでありますから、そのことに対して批判をしているわけであります。

■公明党・みんなの党による「各党代表ユーザー指名質問」についての回答

角谷:はい、有り難うございます。続いては、山口さんのところに質問があります。

 「憲法改正には『加憲』が最も現実的で妥当ということですが、参院選の公約にも出ている『新たに必要な理念・条文』というのは、どういった内容をお考えでしょうか?(男性 京都府 30代)」

 京都府の30代の男性から、いただいています。

公明党・山口:はい。現行憲法は歴史的な役割を果たし機能していると、そしてそこに掲げる3つの原則、基本的人権の尊重、国民主権、恒久平和主義、こういった原則はこれからも大事にしなければなりません。その上で、長年、施行された過程で新しい価値、理念が生まれて参りました。

 それを憲法に規定するという意味で、「加える」加憲という考え方をとっております。たとえば、公害やあるいは地球温暖化問題を通じて、良好な環境を保持するというのは、人間の生存、あるいは地球の存続に必要不可欠なものである。

1 2 3 4 5次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。