ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

働く女子は恋愛なんかしてられない!? 終電の理由はほぼ仕事「73.7%が定期的な残業あり」

ここ数年、社会で働く女性の活躍が増えていますよね。管理職など責任のある仕事に就いている女性も多い様に感じます。そんな、働く女性の「残業」の実態は今どうなっているのか。20・30代の働く女性1035名を対象に、マンダムが行った調査結果が発表されました。

■働く女性の73.7%が、定期的な残業あり。 4人に1人(子供なし女性)は“ほぼ毎日”。

仕事で残業する頻度を尋ねたところ、20・30代働く女性の73.7%が定期的な残業をしており、その頻度は平均2.7回/週。さらに子供がいない女性に限ると、4人に1人が、ほぼ毎日残業をしていることが明らかに。仕事を頑張る女性の忙しい実態が浮き彫りになりました。

■平均残業時間は約1時間半。 繁忙期は倍の約3時間に。

定期的な残業がある人に対し、1回あたりの残業時間を尋ねたところ、平均で1時間36分という結果に。さらに繁忙期になると、平均2時間54分と倍増しています。

また、残業時にしたくなることという質問については、1位「なにかを食べたくなる」、2位「ストレッチ」といった定番に次いで、「メイク落とし」が25.2%で3位に入りました。

確かに、長時間のメイク、少し負担ですよね。今のようなジメジメとした時期は特に、「帰って早く落としたい!」となることも多いと思います。

■直近1~2年での終電近い帰宅経験、63.0%。 「デート・合コン」より、「残業」での終電多い。

続いて終電に関して尋ねたところ、直近1~2年で、終電近くまで外出し帰宅する経験をした女性は63%。

その頻度は平均3回/月で、理由1位は「友達と飲食」69.5%ですが、2位、3位が「同僚や上司と飲食」43.9%、「残業」37.4%と、仕事関連もかなり多い様子。次いで「デート・合コン」27.5%と、あまり恋愛事に時間が割かれていないのかな、という“仕事を頑張る働く女性”の姿がここでもみえてくる結果になりました。

また、終電を逃した経験については、47.4%があると回答し、その際の対処法では、「タクシーで帰宅する」が53.4%と1位に。その他は、漫画喫茶やファミレス、カフェで時間を潰す人が多かったのですが、「歩いて帰る」という人が12.6%も。夜道の女性の一人歩きは本当に危険! 仕方ないことだとは思いますが、控えて欲しいと切に願います。

筆者は夜中に帰宅直後、部屋のドアを開けられそうになったことがあります。すぐに鍵をかけていたので何事もなかったのですが、ひどく怯えました。仕事で疲れているからといって、リスクの高い行動をとるのは考えもの。働いたお金で休日を楽しむなど、潤いのある生活を送るためにも、安全を考えて行動しましょうね。

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy