ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【6/21(金)】江戸美学研究会 納涼イベント「癸巳 禅僧 VS ゆうれい」開催

【6/21(金)】江戸美学研究会 納涼イベント「癸巳 禅僧 VS ゆうれい」開催

何とも面白そうなイベントが開かれます。その名も「癸巳 禅僧 VS ゆうれい」。

どうやらこのイベント、去年も開催され大盛況であったことから、今年も引き続き行われることになったようで、禅僧も増員してパワーアップをはかるのだとか!!

禅僧と言っても、色々ありますが、登場するのは曹洞宗のお坊さんたち。去年の映像を見ると、曹洞宗の祈祷「大般若会」と「怖い話」の二本立てのようです。

曹洞宗とゆうれいの組み合わせというと、何と言っても上田秋成の記した江戸後期の怪異譚『雨月物語』「青頭巾」でしょう。内容には詳しく触れませんが、江戸時代に隆盛を誇った関三刹の一つ栃木県の大中寺の縁起にもなっているお話で、迷いの世界に落ちて鬼人と化した密教僧の魂を、曹洞禅の快庵妙慶禅師が救うという流れです。

「仏教では霊魂の存在は規定していない」という否定的な意見もあるかも知れませんが、不思議なものは不思議なものとしてそのままにしておくことも、日本の仏教文化に触れる上では一つの立場としてアリでしょう。

はたして、この「癸巳 禅僧 VS ゆうれい」では、どんなお話が聞けるのか?

是非、皆さん自身で体感してきてください!!

江戸美学研究会 納涼イベント【癸巳 禅僧 VS ゆうれい】
  http://www.jlds.co.jp/ebiken/join/2013/06/-vs.html
■日 時:6月21日(金)19:00〜21:00(終了予定) ※18:40より受付開始
■場 所:アサヒ・アートスクエア
              〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール 4F
               http://asahiartsquare.org/ja/access/
■参加費:1,000円〈お札、お線香のお土産付き〉
■定 員:65名 
■締 切:6月17日(月)午前まで。※定員になり次第、締め切り。

○連載:仏教なう

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。