ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』第4回が10/31に開催決定!

murige_logo3

Flashゲームクリエーターが名作ゲームを48時間以内に移植する『むりげー』プロジェクトが、次回イベントをハロウィンの夜、10月31日から開催すると発表しました。今回は、ミニブログ『Twitter』による実況も予定されています。

『むりげー』は、高性能なオリジナルのゲームを低スペックなマシンに移植するという、開発者のひらめきとセンスを試される場がなくなったことから、Flashでやってみよう!というプロジェクト。イベントは過去3回開催され、第1回は『ときめきメモリアル』のお題に4名、第2回は『スターラスター』のお題に6名、第3回は『ディシプリン*帝国の誕生』のお題に9名のクリエーターが参加し、作品を発表しました。いずれも、お題が決まってから48時間以内に移植ゲームを作って公開するという過酷なルールのもと、実施されています。

その後、『たんしおレモン』のくろすけ氏が『ひとりむりげー』を単独開催、続いて『無料ゲームで遊ぼう!』のケン氏、『taqoo.is.land.to』のたくぅ~☆氏が各自で『ひとりむりげー』を開催するなど動きがあったものの、複数クリエーターが一斉に参加する『むりげー』は、実に2ヵ月ぶりの開催となります。

お題の発表は、10月31日(土)の19時~20時ごろを予定。『Twitter』のmurigeeアカウント上に公開されます。イベント運営ルールは下記のとおり。

・ゲーム開発期間は“お題”発表から48時間以内
・“お題”は前回の最優秀者が決める
・最優秀者は出題者が決める
・オリジナルのゲーム素材は使わない
・ゲームは自分のサイトに公開
・ゲームコミュニティ『モゲラ』でも公開した作品でページビューを競う

第3回は『NEKOGAMES』の石井克雄氏が『STAR LAST 1 発で死ぬ』で第2回の最優秀者となり、『ディシプリン』のお題を発表しました。第3回の最優秀者を石井氏が決定し、その最優秀者が今回のお題を発表することになります。

今回は『Twitter』により、前回の最優秀者の発表からお題の発表、作品の公開まで実況される予定です。参加を検討しているFlashゲームクリエーターも、いち早く遊んでみたい読者の皆さんも、『Twitter』で“murigee”をフォロー(特定のアカウントの書き込みを受信すること)してみてはいかがでしょうか。もちろん、ガジェット通信でも第4回の詳報をお伝えします。お楽しみに!

■関連記事
48時間以内に作れ!名作ゲームを“無理やり”Flashに移植するプロジェクト『むりげー』が発足
48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』第3弾!お題は『ディシプリン*帝国の誕生』に
『たんしおレモン』のくろすけが名作ゲームの移植に挑む『ひとりむりげー』とは?

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。