オランダの人材紹介AI企業Carv、1,000万ドルの資金調達に成功|AIと人間のシナジーで採用プロセスを合理化

access_time create folderデジタル・IT

今年6月、人材紹介AI企業のCarvは3月に立ち上げた採用プラットフォームと、それ以来市場で経験してきたその牽引力により、1,000万ドルのシード資金を確保したことを発表した。

この資金を活用してCarvは成長を加速させ、採用ライフサイクルのさまざまな領域へのプラットフォームの機能拡大を目指している。

Carvの牽引力とチームの実績がシード資金獲得を実現

Carvの創業者 Barend Raaff氏(左)とMatthijs Metzemaekers氏(右)、Carv本社にて

オランダのアムステルダムに本社を置くCarvは、人材紹介テクノロジーのイノベーターとして急成長中の企業。「採用担当者と人工知能のシナジーを促進する」ことを使命とし、従来は採用担当者が行っていた管理業務をAIに代替させることで、採用プロセスのさらなる効率化を目指している。

Carvのチームは、採用のイノベーションに精通しており、以前はデジタル採用技術を提供するHarverを設立し、現在はその専門知識と洞察をCarvに注ぎ込んでいる。

彼らの実績とCarvの市場における牽引力は投資家から大きな注目を集め、結果として1,000万ドルという大規模なシードラウンドを達成した。投資家の中には、Global Founders Capital(GFC)や、Slack、Miro、Revolutを以前に支援していた複数の独立系エンジェル投資家も含まれている。

採用時の事務作業を効率化

Carvのプラットフォームは、今日の人材獲得分野における最も差し迫った課題の1つである「採用が管理業務と同義になっている」という問題に対処している。

業界データによれば、採用担当者の日常業務の20~40%が事務作業に費やされている。これこそが、採用担当者が直面する他の多くの問題の中心になっているのだという。

Carvを使うと、これら時間を要する管理業務をパーソナライズされたAIに完全に委任できるようになり、採用担当者は最も重要な「応募者とのやり取り」に集中することができる。

同社の共同創業者のBarend Raaff氏は「採用担当者が時間をかけるべきではないタスクをCarvに委任できるようにすることは、統合型AIの実現に向けた第一歩である。Carvは、すぐに利益を生み出してくれるだけでなく、採用プロセスを根本的に見直すための扉を開くものである」と述べ、Carvが切り開くさらなる可能性にも言及した。

すでにCarvは、採用担当者が抱えるあらゆる管理業務を引き受けることができている。職務内容記述書の作成や面接メモの作成から、ATSシステムへの入力、応募者の書き込みの作成などに至るまで、人間なら数時間かかる仕事をCarvではわずか数秒で処理することができるのだ。

Carvが目指す、採用担当者とAIの相乗効果

Carvによる事務作業の効率化は、Carvの創業者らが描いたビジョンを完成させるための第一歩に過ぎない。

Carvの創業者らが見据えるのは、人間とAIがそれぞれ得意とするタスクを引き受け、それによって互いを強化するような「最適なシナジー」の実現。採用担当者が統合AIとのコラボレーションに慣れた後、同社は採用担当者とAIとの真のシナジーを発揮させ、採用担当者が再び採用プロセスの中心となる状況を作ろうとしている。

今後数年間で、AIは採用サイクルのあらゆる段階に影響を与えることが予想され、採用のような人間中心の領域では、人間とAIのバランスを追求することがプロセス合理化のカギとなりそうだ。

参考・引用元:
Carv
PR Newswire

(文・せな)

  1. HOME
  2. デジタル・IT
  3. オランダの人材紹介AI企業Carv、1,000万ドルの資金調達に成功|AIと人間のシナジーで採用プロセスを合理化
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。