GPT-4を自社専用に。嘘をつかない情報特化型自然会話AI作成サービス「Nolie」

access_time create folderデジタル・IT

有限会社アズリアルと株式会社HashLabは、自社専用の嘘をつかない自然会話AIを簡単に作成できるサービス「Nolie」の提供を開始しました。

Nolieでは、限定された専門知識をインストールすることで、信頼性の高い情報を提供する自然会話AIを作成することが可能。業務に関わる専門知識をインストールすることで、社内外での情報共有や顧客対応の効率化、自社WEBサイトへのAI導入ができるようになります。

GPT-4の問題

現在、GPT-4をはじめとしたAIをビジネスで活用する際の大きな課題として「ハルシネーション問題」が存在しています。ハルシネーション問題とは、GPT-4などが実在しない情報や事実を生成する現象のことで、この問題が解決されない限り、ビジネスでの活用が限定されてしまいます。

この問題の解決策として、限定されたデータを用いることでGPT-4の活用範囲を広げたのが「Nolie(ノリエ)」です。このアプローチにより、GPT-4が生成する情報の正確性と信頼性が向上し、企業やユーザーにとってより安全で有益なAIとなります。

社内ツールとしての導入例

・社内情報共有の強化

Nolieは社内情報共有ツールとして活用できます。これにより、社内情報の検索にかかる時間が短縮され、業務効率の向上が期待できます。また、ファイルの内容から検索できるため、社内規定や手続きに関する質問に対して、正確かつ迅速に回答を得られるようになります。

・社員のスキル向上や顧客対応の効率化

Nolieに業務や商品に関する知識をインストールすることで、社員が自分のペースで学習できる環境をつくれます。たとえば新人研修や新商品情報の習得においてNolieを活用できます。また、電話対応やメール対応において、Nolieを参照しながら顧客への回答や対応を行えるので、問い合わせに対して迅速かつ正確に対応することが可能。

WEBサイトの導入例

・顧客サポートチャットボット

サポートチャットにNolieを導入することで、質問に対して迅速に正確な回答を提供できます。ユーザーが問題を解決する時間が短くなりますし、カスタマーサポートチームの負担が軽減されます。また、AIは多言語対応が可能なので、顧客は母国語でサポートを受けられます。

・パーソナライズレコメンド

顧客が何度もECサイトを訪れた際にも、新鮮なレコメンドを提供できます。顧客の購入履歴や閲覧履歴から、顧客に適した商品をオススメ表示したり、類似した商品を提案したりすることができます。

・そのほかの活用例

地域に特化した観光情報案内AI、ECサイトのカスタマーサポート、インフォメーションセンター、スタッフ教育など、様々な用途に利用可能です。

参考元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000092747.html

(文・橋本憲太郎)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧