ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

変り種シンセサイザー『シンガマグープ』襲来!

thingamagoop1

シンセサイザーのことが全く分からなくてもコレは私も欲しい!音が出るだけでうれしくなっちゃうような『シンガマグープ』の紹介記事をnobunyagaさんよりご寄稿いただきました。

変り種シンセサイザー『シンガマグープ』襲来!

【シンセサイザーに見えないシンセサイザー】
一風変わったシンセサイザーを発見しました!!Dr.Bleepという謎(なぞ)の博士が「世の中にノイジーモンスターを作りたかった」との動機で発明した『シンガマグープ』。

シンセサイザーといえば、みなさんどんなものを想像されるでしょうか?普通はピアノみたいにキーボードがついているものを想像すると思うんですが、 こちらの”シンガマグープ”というシンセサイザーはなんとそのようなものが一切 ありません!

本体のデザインからしてまったくシンセサイザーに見えませんよね。モンスターというだけあって、なぜか顔がついているという。このなんとも言えない微妙な表情(やさぐれているようにも見えますが)は、ずっと見てるとなんか可愛く見えてきちゃうから不思議です。

【音の出し方】
さて、シンセサイザーならちゃんと音が出るはず!ということで、実際どのように音を出すのでしょうか。

まず顔の左横にあるつまみを回して電源を入れます。するとLEDランプが点灯しました!次にそのアンコウみたいなLEDランプをシンガマグープの鼻先に近づけます。実はこのシンセサイザーは音の強弱を光で調整する変り種シンセサイザーなのです。明るくなればなるほど音が大きくなってきました!

好みの音の大きさが見つかったら、次はお腹についてるレバーをオンオフして LFOピッチとLFOレンジを調節!そしてレバーの下のつまみでLFOレートを調節。「ビビビビビー」のビートがリズミカルになってきました。思わず体もリズムを刻んでしまいそうです。

ところで、LFOてなんぞ?って思われた方。大丈夫です!私もよく分かりません・・・orz。しかし!そんな小難しいこと分からなくてもシンガマグープは演奏可能なのです。

顔の右側についてる1/4出力でアンプやミキサーにもつないで楽しめるので、ライブとかやってる人は新メンバーとして加えてみてもいいかもしれませんね(笑)。

シンガマグープ
電池:9V電池1個(別売)

Bleep Labs(公式サイトTOP)

日本では以下のお店で購入できます。
価格は幅があるようですが、1万2980円から2万円くらいみたいです。
とりあえず安い順に並べてみました。

・DMR(1万2980円)
http://www.dmr.co.jp/shop/goods/search.aspx?search.x=true&brand2=Bleep%20Labs

・Paradise Record(1万8000円)
http://www.paradiserecords.net/instruments/bleeplabs.html

・山野楽器(1万9500円)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yamano/search.html?p=%A5%B7%A5%F3%A5%AC%A5%DE%A5%B0%A1%BC%A5%D7&x=70&y=8

実際の音が聞きたい方はこちら
・シンガマグープ『YouTube』動画
http://www.youtube.com/watch?v=VyfkpvWJy1I

執筆: この記事はnobunyagaさんより寄稿いただきました。
文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
出版の黒船か海賊か『Corseka(コルシカ)』騒動 Twitterリポート
絵を描けない人、文章を書けない人、なに言ってるかわからない人
派遣労働なくすのがグローバルスタンダード

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき