SlackにGmail、TwitterのDMも。12のメッセージツールを統合できるアプリ登場

access_time create folderデジタル・IT

OneChat株式会社は、12のメッセージツールを1つのアプリで管理できる「OneChat」を9月12日(月)にリリースしました。

ツールの切り替え不要、返信もれも防ぐ?

「OneChat」は、Slack・Gmail・Chatwork・Twitter・Instagramなど12のメッセージツールを統合可能(9月11日時点)。あらゆるメッセージの送受信が1つのアプリで実現します。

複数のメッセージツールを使用する際、連絡先ごとに切り替える手間や確認・返信もれ、業務効率低下などを課題に感じている人には便利なサービスと言えるでしょう。

通知機能や連携機能も

また、さまざまなツールの最適な管理をサポートする機能も実装しています。

たとえば、slackやGmailに新規メッセージが届いたことを知らせる通知機能やGoogleカレンダーなどとの連携機能、メモ機能です。また、チャットUIの独自サービスでevernoteやgoogle driveなどを開くこともできます。

まずはMac版から

料金は、初期費用無料・月額220円。記事執筆時点では、月額利用料の初月無料キャンペーンを実施しています。

現在は、Mac版のみをリリースしており、Windows版は開発中とのこと。公式HPより、Mac版ダウンロードとWindows版の事前登録が可能です。

連絡手段が多様化する現代に心強いサービスといった印象の「OneChat」。体験者からは、「返信速度が向上した」「メッセージの確認漏れが減った」などの声もあるようです。

PR TIMES
「OneChat」公式サイト

(文・Higuchi)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧