内・外カメラ両方を保護できるiPhoneケース「Revo Case」

access_time create folderデジタル・IT

シンプルかつ、洗練されたデザインから多くの利用者の心を掴んで離さないiPhone。バージョンアップするたびにカメラの性能も向上し、今では一眼レフ並の写真が容易に撮れるようになりました。

そんなiPhoneのカメラを保護するケース「Revo Case」が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場。なんとこのケース、外カメラと内カメラの両方を保護してくれるのです。

カバーをスライドするだけ

Revo CaseはiPhone専用の保護ケースで、内カメラと外カメラの両方を衝撃から守ってくれます。
使い方はシンプル。ケース背面のカメラカバーを上方向にスライドさせるだけです。背面のカメラカバーと連動して、前面のカメラカバーも閉じる仕組みとなっています。

ミリタリーグレードの耐久性

ミリタリーグレードの耐久性を持つRevo Caseは、6フィート(約180センチ)以上の高さから落としても問題ないといいます。iPhone本体やカメラが傷つき、交換のために高額な費用を払う心配はいらなくなりそうです。

電源・音量ボタンをカスタム可能

Revo Caseは人間工学に基づきデザインされており、手やポケットに簡単に収まるように設計されています。

対応端末は、iPhone13、13 Pro、13 Pro Max。今後は、iPhone14やAndroid端末にも対応する予定だそう。

本体カラーは黒1色のみですが、オプションで電源ボタンや音量ボタンの色をカスタマイズ可能。オレンジ色、赤色、黄色、緑色など、鮮やかなカラーがラインナップされています。

なお、Revo CaseはMagSafeにも対応。カバーを付けたまま充電可能です。

Revo Caseは現在、Kickstarterで販売中。本稿執筆時点の価格は46ドル(約6100円)〜となっています。申し込み期限は9月1日まで受け付け、最短で同月に発送を開始します。

Revo Case/Kickstarter

(文・K.Taichi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧