AIが1分でトップページを評価。ワカル、理想的なUIを判定する診断を無料提供

access_time create folderデジタル・IT

BtoBサイトを運営している企業では、「サイトのアクセス数が伸びない」「顧客獲得につながらない」などの課題があり、WebサイトにおけるUI改善が求められているとのこと。

そんななか、株式会社WACUL(以下、ワカル社)は、Webサイトのトップページが理想的なUIになっているかをAIが判定する「B2BトップページAI診断」を開発し、無料提供を開始しました。

Webサイトの“勝ちパターン”を研究

ワカル社は、AIアナリストに連携された3万6000超のサイトアクセスデータおよび1万2000超の改善PDCAデータをもとに、サイト種別ごとに成果を出すための“勝ちパターン”を研究開発しています。

そのなかでも、WebサイトのUIはおおむね勝ちパターンが決まっているものの、いまだにそれらが実装されていないWebサイトが多く存在しているようです。

こうした背景を受け、ワカル社はB2BトップページAI診断を開発しました。

理想的なUIになっているかを自動判定

B2BトップページAI診断は、BtoB企業のWebサイトのトップページが理想的なUIになっているかを自動判定するというものです。

利用者がトップページのURLを入力すると、AIがHTMLタグ情報やテキスト情報など、トップページの情報を取得します。

「ファーストビューにCVポイントへの誘導導線が設置されているか」「誘導がユーザーに目立つUIで設置されているか」などの観点から、勝ちパターンに適合しているかを自動で判定。その後、判定結果を「合格」「不合格」のいずれかで表示します。

また、分析結果表示の際には、WACULの提唱する勝ちパターンに沿っていないとAIが判断する点について、「改善すべきポイント」として提示するとのことです。

予測器の性能がアップ

B2BトップページAI診断では、ページ内に含まれるパーツ(DOM 要素)について、勝ちパターンに適合したものかどうかを判定する予測器を採用しています。

開発当初の2022年1月時点では、「F値(判定結果の正確性・網羅性を総合的に評価する指標で、1に近いほど良い予測器であることを示す)」が0.689でしたが、AIの分析アルゴリズムを見直したり、学習を進めたりしたことで、0.768まで改善したようです。

ワカル社は現在、B2BトップページAI診断の簡易版を無料で提供中。BtoBサイトのトップページが、理想的なUI構成になっているかどうかを知りたい人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES
B2BトップページAI診断(簡易版)

(文・Haruka Isobe)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧