Netflix実写ドラマ『幽☆遊☆白書』スタイリッシュな現代版・桑原役は上杉柊平!「桑原の優しく、真っ直ぐな気持ちを大事にしながら」

access_time create folderエンタメ

伝説的大ヒット漫画「幽☆遊☆白書」の実写ドラマ、Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」(2023年12月に配信)の桑原役として上杉柊平さんが解禁! あわせてビジュアルとコメントも発表されました。

1990年から4年間、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された伝説的大ヒット漫画「幽☆遊☆白書」(ジャンプ・コミックス刊)。第1話で主人公が死亡するという衝撃的な展開で連載がスタート。人間界、魔界、霊界を股にかける壮大な世界観で、個性的かつ魅力溢れるキャラクターたちが次々と降りかかる困難に立ち向かうファンタジーアドベンチャー。連載ごとに成長を続けるキャラクターと迫力満載のバトルシーンが読者の心を掴み、男女を問わず爆発的人気となる。

そして、連載終了から四半世紀経った今も、ファンの間で語り継がれている言わずと知れた名作「幽☆遊☆白書」がNetflixでかつてないスケールでドラマシリーズ化!

連日、主人公・幽助、そして蔵馬、飛影と主要キャストの解禁が続き、SNS、ならびにネット上で話題を独占している本作。

この度、北村匠海さん演じる幽助のライバルであり、原作ファンから根強い人気を誇る桑原和真役を、2016年NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などに出演、さらには歌、ドラマ、映画、CM、PVなど様々なシーンで活躍の幅を広げている上杉柊平さんが演じることが解禁されました!

桑原は幽助のライバルを自称する、喧嘩っ早いお調子者。しかし、人情深く心優しい漢気溢れる一面も併せ持つ。解禁されたキャラクターアートでは、原作の桑原のトレードマークである青の学ラン姿と気合の入ったリーゼントヘアがスタイリッシュな現代版にアップグレードされている印象的な1
枚となっています。

遂に幽助を始めとする蔵馬、飛影、桑原の4名が解禁となったNetflixシリーズ「幽☆遊☆白書」。果たして、この4人に立ちはだかる宿敵、そしてあのキャラクター達は一体誰が演じるのか!? 気になる今後の情報にも是非ご期待ください!!

上杉柊平/桑原和真役コメント全文

●本作に出演が決まった時の感想
まさか小学生の頃に読んでいた作品に自分が出演することが出来るとは思っても見なかった事と、大人になって感じた、実直で無骨、愛に溢れ、自分の信じたことに真っ直ぐに突き進める桑原和真という最高にかっこいい人物を演じることが出来る事を大変嬉しく思いました。
それと同時に、世界中に多くのファンがいる本作の実写化にあたってどの様に向き合い、どの様な役割を担って皆様に愛される作品にしていくかを悩み、プレッシャーも感じました。
また、Netflixという世界中に市場を持つフォーマットでの作品に携われることに非常に気持ちが昂りました。

●30年以上に渡り愛される「幽☆遊☆白書」の魅力について
一人一人のキャラクターの個性がハッキリしていて、一度目にしたら忘れることの出来ないキャラクター達は大きな魅力だと感じています。
友人宅にあった本作を手に取って読んだのは20年余り前のことになりますが、当時目にした戸愚呂兄のなんとも言えない怖さ、不気味さ、そして戸愚呂弟の圧倒的強者感と筋の通ったカリスマ性を子供ながらに感じ、大人になった今でもなんとも言えない不思議な感覚として当時の事を覚えています。敵が魅力的という大きな魅力の他にも、味方や全ての人物にもその様な忘れられないシーンや脳裏に焼き付くストーリーがあり、そう言った多くの要素が本作が多くの方から支持される魅力の一つではないかと思います。

●桑原役について
大切な誰かを守るために強くなりたいという桑原の優しく、真っ直ぐな気持ちを大事にしながら向き合いました。同時にそれを実行しようとすることは非常に難しく孤独で寂しい事なのだと実感しながらすごしました。
桑原は感情を隠して行動する事が得意なタイプではないので、桑原和真ならその時々にどう感じてどの様な行動を取るか、という事を各シーン、各カット毎に監督やキャストの皆様と話し合いながらキャラクターを演じました。

●撮影現場について
今までに味わった事のない壮大な規模、スケジュール間での撮影でした為に日々高揚した気持ちで撮影現場に向かっていました。
見た事のない大きさのセットや、初めて体感した規模のCG用の撮影方法、全国各地で行われたロケに超一流のチームが揃っての撮影、非常に贅沢な現場だと感じながらも、自分もその一部なのだと心を奮い立たせ、毎日を過ごしていました。
キャストのみに関わらず全チームでコミュニケーションを取りつつ、携わっている全ての人が素晴らしい作品を作る為に本気で向き合っていた最高の撮影現場でした。

●世界中のファンへのメッセージ
世界中の方に愛されている「幽☆遊☆白書」の実写映像化をNetflixにて、全世界の方に観ていただけると思うと今から嬉しくて仕方ありません。
国境は関係なく楽しんで頂ける作品になっていると自信を持ってお伝えできます。
原作を愛読されている方々はもちろん、未読の方も「幽☆遊☆白書」の魅力を目一杯感じて楽しめる作品になっております。是非お楽しみにしていてください。

90年代から今なお人々を熱狂させる伝説の漫画が今、実写ドラマとして新たな熱狂を生む! Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」はNetflixにて2023年12月、全世界独占配信!

作品概要

Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」
原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(ジャンプ・コミックス刊)
監督:月川翔
出演:北村匠海、志尊淳、本郷奏多、上杉柊平
脚本:三嶋龍朗
VFXスーパーバイザー:坂口亮(Scanline VFX)
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflix コンテンツ部門 バイス・プレジデント)
プロデューサー:森井輝
制作プロダクション:ROBOT
企画・製作:Netflix
配信:2023年12月、Netflixにて全世界同時配信予定

関連記事:
Netflix実写ドラマ『幽☆遊☆白書』浦飯幽助役は北村匠海!ビジュアル&スタッフコメント解禁「“想像以上の幽☆遊☆白書”を披露できると思っています」
https://otajo.jp/109181

Netflix実写ドラマ『幽☆遊☆白書』蔵馬役は志尊淳「ビジュアルに関してだけでも2~3年くらいかけて」試行錯誤し細かいディテールを探求!
https://otajo.jp/109185[リンク]

Netflix実写ドラマ『幽☆遊☆白書』飛影役は本郷奏多!「飛影のことを好きな方にも納得していただけるように飛影らしさを意識」
https://otajo.jp/109188[リンク]

コエンマのおしゃぶりもそのままだった舞台「幽☆遊☆白書」動画レポ 崎山つばさが幽助のギャグシーンを全力披露!
https://otajo.jp/80980[リンク]

ついにリアル“戸愚呂兄弟”の姿が明らかに!舞台「幽☆遊☆白書」其の弐 朱雀・雪菜ら全キャラビジュアル解禁!
https://otajo.jp/94319[リンク]

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧