渡邊圭祐 体重10kg増量するも「周りが凄すぎて言うのをやめました(笑)」映画『鋼の錬金術師 完結編』撮り下ろしインタビュー

access_time create folder映画

二部作連続公開で完結となる映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(絶賛上映中!)より、リン/グリード役の渡邊圭祐さんの撮り下ろしインタビューをお届けします。

連載開始20周年新プロジェクトとして発表された実写完結編二部作は、エドとアル兄弟の物語を、原作の最終話まで映像化することにこだわった国家錬金術師の抹殺を誓う男スカーとの対決を描く『復讐者スカー』と、国家を揺るがす巨大な陰謀に導かれ物語の壮大なラストを描く『最後の錬成』(6月24日より上映中!)で完結を迎えます。

『復讐者スカー』からリン役を演じ、『最後の錬成』ではホムンクルスのグリードも演じ分けた渡邊圭祐さんに撮影エピソードや共演者の印象などお話を伺いました。

――ご自身も原作ファンでリン推しとのことですが、リン役のお話をいただいたときのお気持ちは?

渡邊:それはもう単純に「いいんですか!?」となりました。「もちろんやらせていただきます」と言って他のキャストの方を見たときに、もう一回「いいんですか!?」と言ってしまいましたました(笑)。あまりにも自分の小さい頃から見ている方たちばかりだったので。もちろん1作目に出演されているキャストさんは知っていましたけど、「いいんですか!?」という感覚が強かったです。

――錚々たる方々過ぎる、というのはありますよね(笑)。

渡邊:ここに名前を連ねるのか、という喜びみたいなものがありました。やっぱりまだどうしても素人臭さみたいな感覚は抜けないので。

――そうなのですね! では撮影現場でも「うわあ!」と物怖じしてしまうようなことはあったのでしょうか。それこそ、舘ひろしさんと対峙するシーンも多かったので。

渡邊:舘さんは、発するエネルギーというか、オーラがもうすごくて。あんまり「うわ、誰々だ!」となるほうではないんですけど、舘さんはなってしまいました、気圧されました。
撮影現場って初めましての人がたくさん居て、僕は誰かと喋っていないと不安になってしまうタイプなんですけど、舘さんは必要最低限しかお話しにならないので、そこもまたいいな、と思いながら。僕は僕で空回りしていた気がします(笑)。

――舘さんに話しかけに行ったりはされていないんですか?

渡邊:あまりしていないです。僕はもう眺めていよう、と思って(笑)。

――改めて、完成した作品をご覧になった印象は?

渡邊:面白かったです。<復讐者スカー>よりも、最後に向けてそれぞれ全員のエピソードが最後に向かっていく感じがすごく現れていたし、全員の決意みたいなものがしっかりと見て取れたので良かったなと思いました。

――撮影していたときと印象が変わった部分や、こうなったんだ!という驚きなどはありましたか?

渡邊:<復讐者スカー>のときにやっていたリンという役から、今作ではホムンクルスのグリードに変わって、エドたちの物語にあまり関与していなかったというのもあり、シンプルに現場で見ていなかった部分が多かったので、内野聖陽さんがやられていた何役もの映像など、「面白いな」と思いながら観させていただきました。

――原作もお好きだということですが、実写の映像で物語ラストまで描かれたものを観ていかがですか?

渡邊:やっぱり実写化っていいな、と思いました。もちろん反対派の方もいらっしゃると思うんですけど、漫画からアニメになって、そして生身の人間がやるからこそ出る生々しさだったり、そういうところの良さが実写にはあると思うので。それぞれのキャラクターの感情がちゃんと動いていく様がしっかりと見られたので面白かったです。

――人が演じるからこその表情や熱量がありますよね。完成映像をご覧になって、撮影当時の気持ちなど蘇りましたか?

渡邊:今作はグリードをメインに演じていたのですが、懐かしい気持ちになりました。<復讐者スカー>を観たときとはまた違った、「グリード楽しかったな!」という気持ちも蘇りましたね。

――グリードを演じてみて、楽しかったところ、難しかったところは?

渡邊:僕はまだ、純粋にいろんな役をできることが楽しいなと思える段階なので、この1つの作品で2役できるという喜びはもちろんありました。舘さんと対峙するシーンがあるというのが<復讐者スカー>から一貫してあったのですが、前作ではリンとして刀を交える構図だったのが、グリードになった今作では完全に素手での戦闘になるので、そこの間合いの測り方は難しかったです。殴りに行くわけでもなく、貫きに行っているので、殴っているときよりも相手の懐に入っていなければいけない。その分、奥に奥にとなって、そうすれば自ずと危険も多くなるので難しかったです。

――実際にヒヤッとする、少し危険を感じる場面もあったのですか?

渡邊:安全対策が第一の現場でした(笑)。でも、ブラッドレイに僕が背負投されて橋から落ちるというシーンを撮影するときに、背景はCGではあるんですけど実際にぶら下がって、舘さんが僕の下にいらっしゃって、みたいな感じで。もちろん片腕で舘さんを支えるなんてことは僕は出来ないので、舘さんは何かに乗った状態だったんですけど、そのシーンが一番大変でした。僕の肩が外れるんじゃないかな、とヒヤッとした部分ですね(笑)。

――ほぼグリーンバックの撮影で、ご自分でテンションや気持ちを世界観に持っていくためにやっていたことはありますか?

渡邊:元々原作がすごく好きというのもありましたし、主演の山田涼介くんも同い年で。おそらく同い年の人とメインで共演する経験が初めてだったので、純粋に撮影自体は楽しくモチベーションは保つことが出来ました。でも、撮影期間も長かったので、そのモチベーションを維持するために、毎回撮るシーンやその前後を前日にはきちんとアニメや漫画で見返したりしていました。そうやってリンやグリードの気持ちを前日から維持しようと心がけていました。

――現場では、山田さんとダンスの動画を観て一緒に踊られたとか?

渡邊:僕がやらされていたというだけです(笑)。去年の誕生日のときに連絡をくれたんですけど、「変わらずダンスを踊るナベちゃんでいてね」とメッセージが来ました。

――渡邊さんは元々ダンスはお得意なのですか?

渡邊:全然出来ないです。当時すごく流行っている曲があって、その煽りを受けて踊らされました(笑)。

――<復讐者スカー>では本郷奏多さんとも共演シーンが多かったですが、本郷さんのインタビューで渡邊さんと同郷という会話をした気がすると仰っていました。

渡邊:そうですね、宮城県の話をさせてもらいました。お互い仙台市出身ということで。でも、本郷さんは早めに宮城から離れていらっしゃるようなので、そこまで話は広がっていなかったです(笑)。

――同じようなことを本郷さんも仰っていました(笑)。

渡邊:僕が仙台に住みすぎているというのもあるんですけど、大学に入ってようやくお酒を飲みだしたりして広がりが見えてくると思うので。

――本郷さんの印象は?

渡邊:独特な空気を持っている方だなと思いました。自分のペースもしっかりとあって。でも、話すとすごいユニークな方ですし、面白い人だなという印象です。だから、仲良くなろうと思って、たぶん僕はめちゃくちゃイジっていたんですよ。

――え!?

1 2次のページ
▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧