ババアがヘラでアイスを盛り付けるからババヘラアイス

access_time create folderガジェ通
babaa

ババアという言葉はちょっと乱暴ですが、秋田のババヘラアイスは秋田の伝統的なアイスクリームのひとつで、その由来はババアがヘラでアイスをコーンに盛り付けるからなんです。ですので、ババアとはいえ、ババヘラアイスのババアは悪口のババアではなく、愛称のババアなので蔑視する言葉ではありません。

ババアがヘラでアイスをコーンに盛り付ける?」と、首を傾げてしまった人もいることでしょう。まったく想像つきませんよね。ではその歴史から解説していきましょう。ババヘラアイスですが昭和なかごろにはすでに存在してまして、灼熱の国道やバイパスなどの歩道にポツリとババアがひとりパイプ椅子に座っているんです。日差しが強いので巨大なパラソルがあり、さらに全身を布でまとい、目しか見えないような状態でババアが椅子に座っています。完全に紫外線カットです。

ババアの目の前にはドラムカンがひとつ置いてあり、中にはシャーベット状のアイスが入っています。バニラやイチゴなどのアイスが入ってるんです。値段は200円程度で、お金をババアに渡すとヘラでアイスを削るように取り、コーンに盛り付けていきます。ぶっちゃけ、炊飯ジャーからご飯をよそうのと同じ動きです。モーションは同じなので、ご飯がアイスになっただけと思えばわかりやすいでしょう。

子どもたちもアイスがご飯に思えたのか、ババヘラアイスではなく、ババヘライスと呼んでいる子どもたちもいました。遠足や学校の遠出でバスに乗って移動すると、だいたい国道を通るので必ず歩道にババヘラアイスのババアがいるんです。子どもたちはそんなババアを見るたびに、「ババアだ! アイスだ!」と叫んでいました。

このババヘラアイスですが、いつの間にか秋田の名物になってしまい、東京の麻布十番祭りに出店するほどの人気ぶりになっています。もちろん、麻布十番なんてババヘラアイスのババアたちにとって場違い以外の何物でもありません。ババヘラアイスとババアは、何もない荒野に1本だけ走る真夏の国道が似合うのです。

ちなみにババアたちは午前中に国道に降ろされ、夕方回収をしにくる車に乗って帰っていきます。ただじっとお客さんを待っているというババアの仕事はとても大変ですが、高齢者に対して雇用の場を与えることにもなり、ある意味いい仕事ともいえるかもしれません。ちなみにこのババヘラアイス、生意気にもインターネットにも手を出したようで、サイトまであるようです。一度、「ババヘラアイス」でググってみてはいかがでしょうか?

もうひとつだけ「ちなみに」ですが、どうして店員がババアじゃなきゃいけないのか、いまだに謎です(もともとブランドはババヘラアイスではなかったのでババアである必然性がない)。

■最近の注目記事
NHK記者がWinny開発者に出した手紙問題「NHK広報局から正式コメント」
NHK記者が暴走か! Winny金子氏に『デスノート』的手紙を送る
ええ加減にせえよ! バイト君たちのクレーマー体験談がおもしろい!
生放送中に島田紳助が激怒! 怒られた芸人の掲示板で紳助が悪人扱い!
鳩山総理がいよいよ『Twitter』を開始か? 「官邸と相談して進める」

access_time create folderガジェ通
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧